デジタルマーケティング

Mac ProとSurface Proを徹底比較!どんな違いがあるのか?果たしてどっちが使いやすいのか!?

デジタルマーケターのウマです。

みなさんは普段どんなPCを使っていますか?

実は、

僕はSurface愛用者、

このデジラボを一緒に運営しているシンエーはMac愛用者なんです!

 

そこで・・・

この記事では、僕(ウマ)とシンエーでSurface・Macどっちが良いか論争を繰り広げたいと思います!

では行ってみましょう!

SurfaceとMacを徹底比較

さてそれでは早速MacとSurFaceを徹底比較していきましょう!

ウマ

フフフMacユーザーのシンエー君。Macの良いところを教えてくれ!

シンエー

やあウマ君。Surfaceなんかには負けないよ。Macの方が断然使いやすいんだから。

こうしてウマとシンエーのプライドをかけた戦いは始まったのだった。

 

起動スピード

SurfaceとMacの起動スピードについて見ていきましょう!

ウマ

早速だけど、起動スピードはどう?起動が遅いとイライラするよねー。

シンエー

Macはとにかく起動が早くて、すぐ作業に移れる。まあ基本はスリープモードにしてるけど!

ウマ

いやいやSurfaceを甘くみちゃいけないよ!こっちだって起動早いんだから!

ということで実際にSurfaceとMacの起動スピードを競ってみることにしました!

ちょうどお互い使っているPCのスペックは同じくらいで使用年数もほぼ一緒でした。

Surface:New Surface Pro(Core i5、メモリ8GB)

Mac:MacBook Pro 13インチ2016 (Core i5、メモリ8GB)

起動してからGoogleを立ち上げて検索結果が表示されるまでの時間を競います。

いざ勝負!!

結果は・・・

Surface26秒!

Mac30秒!

Surfaceの勝ち!

シンエー

なぬ・・・Surfaceはやい・・・

起動スピードはSurfaceに軍配が上がりましたね~!

まあ使っている時間だったり使い方でだいぶ変わるので一概には言えないですけど。

 

操作性・作業効率

SurfaceとMacの操作性・作業効率の高さについて見ていきましょう!

シンエー

操作性・作業効率はどう?Macは最高に使いやすいよ。

トラックパッドの自由度が高くて慣れると手放せないよ!あと、キーボードの推し感もかなり研究されていてめちゃくちゃ良い!

確かに映画「ドラゴンタトゥーの女」とか見てると、Macの作業憧れますよねー。

Macはトラックパッドの自由度が魅力的なんですね!

しかし・・・

ウマ

ぶっちゃけSurfaceでも十分トラックパッドの自由度高いよ!

ページの進み戻りもできるし、作業ウィンドウを全部表示することもできるし!

それにWindowsのショートカットキーに慣れればめちゃくちゃ効率良いんだ!Macの効率には見劣りしないはずだよ!

キーボードの推し感はうーん・・・確かにMacの方が良いかもなあー。実は僕もMac使っていたことがあるんだけど。

効率性は正直、一長一短です。Surfaceは画面タッチもできるのでスクロールや拡大縮小表示がラクチン。

確かにMacの直観的な操作性は魅力的ですが、Windowでのショートカットを駆使すると爆発的に作業効率上げることができるんです。

そっちに慣れちゃうと逆にMacは使いにくかったりしますねえー。

効率性は正直人によるって感じでしょう。極めればどっちも最強に効率上がります。ただ、慣れが速いのは、直感的な操作性が施されているMacかもしれません。

 

互換性

SurfaceとMacの他のツールなどとの互換性について見ていきましょう!

ウマ

そしたら互換性はどう?他のツールとかとの。

シンエー

やっぱり、MacだとIphoneとの互換性は抜群だよ!Iphoneと同じインターフェイスで使えるんだ。特に写真の共有とかは楽だよねー。IphoneユーザーならMac使った方が良いかなー。

あとは、開発環境が最初から整ってるから、PythonとかRubyを使うのはとっつきやすいかも!

ただ、マイクロソフトオフィスとの互換性は微妙だなー。ビジネスシーンではまだまだWindowsが多いからWindowsと互換性悪いのも欠点だよね。

ウマ

なるほどー。そうだよねー、僕もPythonとかRuby使うときはMac使ってたなー昔。

でもどうしてもWindowsとの互換性が悪いのは非常に痛いよなあー。

 

そうなんですよね。Macはマイクロソフトオフィスとの互換性が悪いのでビジネスシーンで困る場合が多々あります。

また、Windows側にテキストデータ送ると文字化けする可能性があるので、ビジネスシーンで周りにWindowsを使う人が多い場合、Macではかなり仕事しづらくなりますよねー。

逆に言うと、周りにMacユーザーばかりだったらWindowsだと仕事しにくいですけど。

そこはかなり考えどころ。

 

重さ

 

さて、SurfaceとMacの重さはどうでしょうか?

Surface Proは本体が780gほどでキーボードが300gほどなので合計1.1㎏くらい!

一方、MacBook Proは13インチで1.58kg

しかしこれはディスプレイの大きさやタイプにもよりますよね。

MacBook12インチは0.92kgだし。

シンエー

軽いにこしたことはないよなー。ちょっとMacBook Pro重いなーと思っていたところだったんだよねー

ウマ

持ち運ぶ前提だから重さは大事だよねー!

 

バッテリー

ウマ

そういえば、バッテリーはどう?フル充電でどのくらい作業できるのかって大事だと思うんだ。

シンエー

バッテリーはそこそこ持つよ。フル充電だったら1日作業できるくらいかなー肌感だけど、10時間以上は持つ気がするなー。

ウマ

なるほどーちょっとそれに比べるとSurface Proは劣るかもなー肌感6~8時間くらいだなー

新型Surface Proは従来のSurface Pro4から比べてかなり充電が持つようになりました。しかし、それでもなかなかMacほどとはいかないのが現状のようです。

 

決着はいかに!?

さて、ここまでシンエー君と議論してきましたが、どうでしょう。

明確にこちら!という決定打はありませんでしたね。まあそりゃそう。

正直、使うシーンや用途・周りの環境によってでしょうねー。

ゴリゴリのプログラマーやデザイナーの方はMacを使っても良いかなーとは思いますが、なんとなくカッコいいからMacにしてみようという安易な考えでは選ばない方が良いと思います。

Surfaceの方が、Officeとの互換性もあるし、無難ですね。

シンエー

Surface買おうかなー

おやおやシンエー君もサーフェイスを買おうか悩み中のようですね。

 

みなさんも自分に合ったPCを選んでくださいねー!