おすすめ勉強法

【初心者向け】G検定の勉強法を現役データサイエンティストが徹底的に解説!

g_exam
ウマたん
ウマたん
当サイト【スタビジ】の本記事では、G検定の勉強法をまとめています!おすすめの学習サイトや本を紹介しているので、本記事を読んで、G検定の勉強を始めていきましょう!

こんにちは!スタビジ編集部です!

人工知能(AI)やディープラーニングなどの技術が発達し、ビジネスで利用されているシーンが増えています。

そんなAIやディープランニングのスキルを身につけるためG検定を目指している方も多いのではないでしょうか?

G検定の勉強方法・範囲がわからない・・・
初心者でも取り組めるG検定の勉強方法が知りたい!

今回は上記のような方に向けてG検定に合格するための勉強方法や勉強手順、対策などについて解説していきます。

・G検定の勉強方法
・G検定の勉強手順
・G検定におすすめの本や学習サイト
・G検定の対策3つ
・G検定の本番でのコツ

ウマたん
ウマたん
G検定の勉強方法を学んで効率よく資格を取得していこう!

目次

G検定の勉強方法を4つ紹介!

g_exam

G検定の勉強方法で代表的なものは以下の4つです。

1.本で独学
2.学習サイトで学ぶ
3.アプリで問題を解く
4.学習スクールで学ぶ

それぞれで特徴があるため、自分のスタイルや勉強したい内容に合わせて、勉強方法を選択していきましょう。

ウマたん
ウマたん
自分に合わないと思ったら別の勉強方法を試してみよう!

勉強方法1:本で独学

手軽に始められる勉強でおすすめの方法なのが「本での独学」です。

本での独学では、基本的にG検定の問題集を何回も解いて、苦手な部分を復習しながら進めると、効率的に勉強できます。

本で書きながら学ぶスタイルが得意で自分に合っている
低コストで気軽にG検定について学びたい

上記の方であれば、本での独学がおすすめです。

本での独学のみでも、内容をひととおり理解できていれば、G検定に合格することが可能なので挑戦してみてください。

ウマたん
ウマたん
本は自分のペースで振り返りながら進めるのが良いよね!

勉強方法2:学習サイトで学ぶ

G検定の内容を「学習サイトで学習する」ことも一つの方法です。

YouTubeで「G検定」と検索して講義している人の動画を見たり、G検定の対策ができる専用学習サイトなどで学習が出来ます。

本で理解したり学んだりするのが苦手・・・
すきま時間でも手軽にG検定の内容を理解したい!

学習サイトでの勉強は上記に当てはまる方におすすめです。

ウマたん
ウマたん
学習サイトは初心者向けのものから中級者向けのものまでレベルも様々!自分の学習段階に合わせた学習サイトで学んでいこう!

勉強方法3:アプリで問題を解く

公式のテキストを使っても学習内容が身についている感じがしないという方は、「アプリで問題を解くこと」で理解を深めていきましょう。

・すきま時間に勉強しやすい
・テストの最終確認として使える
・苦手分野を把握する

上記のようにアプリでの勉強は本や学習サイトなどで学習内容を把握してから使うと、効率的に苦手分野を把握したり、内容の再確認ができます。

G検定の試験対策用アプリ」は、すきま時間で勉強できる問題集アプリです。

g_exam

G検定の最新のシラバスに対応していて、320問のオリジナル対策問題を解けるため、テスト対策になります。

ウマたん
ウマたん
スマホアプリでちょっとした時間に問題を解いて、知識を定着させていこう!

勉強方法4:学習スクールで学ぶ

独学での学習で挫折しそうな方は、「学習スクールで学ぶこと」も検討してみましょう。

一人では学習を継続できない・・・
学習の進め方がわからない・・・

上記のような方は、学習スクールでメンターと相談しながら進めると効率的に知識を習得できます。

G検定の学習スクールは、G検定対策講座とAI全般を学習できる講座が主流です。

ウマたん
ウマたん
受講したいパートのみを受けられるスクールやオンライン講座でいつでも受講できるスクールなどいろいろある!講座内容や評判を見ながらスクールを決めていこう!

AI・データサイエンスが学べるプログラミングスクールを以下の記事でまとめていますので、良かったらチェックしてみてください。

データサイエンティスト スクール
【徹底比較】データサイエンティストのための学習ができるスクール9選! スクール名 オススメ度 価格の安さ サポート体制 公式サイト テックアカデミー ...

G検定の勉強手順4ステップ!

g_exam

ここでは「G検定のおすすめ勉強手順」を紹介します。

以下の4ステップで進めましょう。

STEP1:G検定の特徴を把握する
STEP2:学習本を熟読する・学習サイトで学ぶ
STEP3:問題集で問題を解く
STEP4:アプリで問題に慣れるまで繰り返す

どのように勉強を進めていったら分からない場合には、参考にしてみてください。

STEP1.G検定の特徴を把握する

G検定の試験では幅広い範囲から出題されるため、「それぞれの特徴を把握しておくこと」が大切です。

・出題範囲や領域を把握する
・出題方法を理解する

上記のようにG検定の特徴を理解しておくと、得意・不得意な分野を明確にできるため、効率的に学習を進められます。

出題範囲や領域を把握する

G検定の出題範囲や領域は以下になります(2022年度)。ただ、その年の技術トレンドによって出題範囲が少し変わることがあるので注意しましょう。

1.人工知能(AI)の定義・歴史
2.人工知能の動向
3.人工知能の問題
4.機械学習の概念・手法(応用法や精度評価、データの扱い方を含む)
5.ディープラーニングの基本的な概念・応用技術(CNNやRNN、深層強化学習を含む)
6.ディープラーニングの研究分野
7.ディープラーニングの社会的課題・応用

AI・ディープラーニングの2つの領域からの出題範囲が幅広いため、ある程度時間をかけて満遍なく対策できるように学習しておくことが大切です。

毎回の合格率として6〜7割の人が合格するため、出題範囲の基礎内容を理解して問題集を何回も解いていれば、十分に合格点を取ることが出来ます。

ウマたん
ウマたん
出題範囲・領域を把握して、勉強のスケジュールを立てていこう!

また同じようなAI・ディープラーニングの資格として”E資格”があります。

E資格ついては以下の記事でまとめているので、良かったらチェックしてみてください。

e_exam
E資格のおすすめ講座10選を現役データサイエンティストが紹介!当サイト【スタビジ】の本記事では、E資格の取得を目指している人に向けて、おすすめ講座を紹介しています。AI・ディープラーニングのスキルアップとして目指す人も多いE資格!ぜひ本記事を参考に講座を受講していきましょう!...

出題方法を理解する

G検定の出題方法は以下の3通りあります。

・空欄問題
・選択式問題
・文章の間違い探し問題

これらの問題を120分・224問解くこととなっています。

問題はすべて選択形式で答えられるため、単語のつづりや文章などの難しい説明などを暗記して覚える必要ないです。

また問題数が多く、1問にかけられる時間は1分程度しかないため、学習した知識から解答をすぐに答えられる瞬発力が求められます。

ウマたん
ウマたん
G検定は問題数が多いので、模擬問題集を繰り返し解いて出題形式に慣れておこう!

STEP2:学習本を熟読する・学習サイトで学ぶ

G検定の特徴を把握したら、「学習本や学習サイトを使って、基礎内容の学習」を進めましょう。

ただ学習本や学習サイトに沿って学ぶだけではなく、ノートやPCなどに大切だと思った部分をまとめたり、理解を深めるために図やグラフを書いたりすると、効率的に学べます。

解説によってわかりやすさが変わるので、わからない箇所はいろんな教材で確認すると理解できるようになります。

ウマたん
ウマたん
自分で学んだ内容をイラストにして図示化すると、理解できている所と出来ていない所がはっきりするのでおすすめ!

STEP3:問題集で問題を解く

G検定に関する内容を学習本や学習サイトである程度学習したら、「問題集で問題を解く」を進めていきます。

問題集は最低でも2周は解いて、同じ問題は間違えないようにすることが大切です。

過去問の内容がまとめられたものを解いて、G検定の出題傾向と間違えた部分を把握しておくと、合格点に近づけます。

ウマたん
ウマたん
過去問を解いてよく理解できてなかったものは、学習本や学習サイトで復習しよう!

STEP4:アプリで問題に慣れるまで繰り返す

勉強の最終段階では、「アプリで問題に慣れるまで繰り返すこと」が大切です。

試験では問題数が多く一問にかけられる時間は限られています。

アプリを使って、可能な限り早く解けるようになるまで慣れると、テストでもスラスラと問題を進められます。

ウマたん
ウマたん
スキマ時間にアプリで問題を解いて、解くスピードも鍛えておこう!

G検定に合格するのに必要な勉強時間は30時間

G検定の勉強時間は「最低でも30時間」は必要です。

無理なく行う場合、1ヶ月1時間勉強すると30日である程度勉強内容を理解できます。

しかし、初心者でAIやディープラーニングを初めから勉強する方は、初歩的な知識の時間がとられるため、40〜50時間かかる可能性があります。

そのため、勉強のスケージュールを立てて効率良く学習を進めていくことが大切です。

ウマたん
ウマたん
なるべく問題を解きながら理解を進めた方が良いので、STEP2はまとまった時間を取って短期間でやるのがおすすめ!

G検定におすすめの本

g_exam

ここではG検定の勉強に「おすすめの学習本」を紹介します。

目的別に紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

1.出題範囲を確認できる「G検定公式テキスト」

G検定公式テキスト」は、試験運営団体の日本ディープラーニング協会が執筆した公式の本です。

G検定の内容を学習できるだけでなく、各章末で練習問題ができるため、試験対策にもなります。

また試験の傾向をつかむことが難しいディープラーニングの最新事業についても学べるため、G検定の勉強にぜひ持っておきたい本です。

ウマたん
ウマたん
ディープラーニングの理論がわかりやすくて、これから学ぶという初心者にもおすすめ!

2.問題に慣れる「徹底攻略ディープラーニングG検定問題集」

徹底攻略ディープラーニングG検定問題集」は初心者でもG検定の内容を手軽に学べる問題集です。

G検定の問題以外にも試験内容の傾向や出題形式、目安となる時間配分など初めて受験する人が押さえておきたい情報もまとめてあります。

解答解説部分も丁寧に記載されているため、この問題集を繰り返しといて理解を深めましょう。

ウマたん
ウマたん
学んだ内容を復習するのにぴったりな本!

3.AI・ディープラーニングが学べる「人工知能は人間を超えるか」

AI・ディープラーニングに関する知識を補足したい方におすすめな本が「人工知能は人間を超えるか」です。

この本でAI・ディープラーニングの特徴を把握すると、G検定の出題内容の理解も深まり、勉強が捗ります。

AIの歴史や実際に使われている技術、応用例まで優しく解説されているため、初心者でも理解しやすいです。

ウマたん
ウマたん
G検定の範囲の内容を掘り下げたい時におすすめの本!

G検定におすすめの学習サイト

g_exam

ここではG検定の勉強に「おすすめの学習サイト」を紹介していきます。

学習サイトごとに特徴が異なるので、自分に合ったスタイルで勉強してみてください。

1.Udemy

udemy

Udemy」は、動画の講義形式で学べるオンライン学習プラットフォームです。

G検定の対策講座やG検定に関する統計学やディープラーニングの講座など幅広い内容で展開されています。

自分で数を多くある講座の中から選択して受講できるので、勉強したい内容が決まっている人にぴったりです。

Udemyの体験談を以下の記事で紹介しているので参考にしてみてください。

Udemy レビュー
【体験談】評判の良いUdemyを30コース以上受けている僕が徹底レビュー!当サイト【スタビジ】の本記事では、世界最大のオンライン学習プラットフォームであるUdemyのメリット・デメリット・評判・口コミについてまとめていきます!実際にプログラミングやデータサイエンス、Webマーケ関連のコースを30個以上受講している体験談をもとにお伝えしていきます。...

G検定でおすすめのUdemyの講座はこちら

・【試験対策から本質の理解まで、知識をまとめて身に付けよう!】G検定対策講座
・【最新シラバス対応:全問解説付き】G検定試験対策 模擬試験(2回分全440問)

【試験対策から本質の理解まで、知識をまとめて身に付けよう!】G検定対策講座

g_exam

G検定対策講座」では機械学習やディープラーニングの本質の理解も出来るように作られたG検定の対策講座です。

G検定の内容を網羅的に詳しく解説されているため、一通りの知識をマスターできます。

やや口頭での説明が多いので、適宜メモを取りながら受講すると復習がしやすいです。

\30日以内なら返金無料/Udemyでこのコースをチェック
ウマたん
ウマたん
G検定の内容を網羅的に理解したい人におすすめ!

【最新シラバス対応:全問解説付き】G検定試験対策 模擬試験(2回分全440問)

g_exam

G検定試験対策 模擬試験」ではG検定の本番の試験を想定した模擬試験を2回分実施できます。

ただの問題集ではなく、一問一問にしっかり解説があるので、間違えた問題の復習も捗ります。

\30日以内なら返金無料/Udemyでこのコースをチェック
ウマたん
ウマたん
試験前にやって、実力を測るのにぴったりな講座!

2.スタアカ(スタビジアカデミー)

スタアカトップ

G検定の範囲である統計学・機械学習・ディープラーニングについて基礎から学びたい人におすすめなのが当メディアが運営する「スタアカ(スタビジアカデミー)」です。

アニメーション動画で統計学・機械学習・ディープラーニングの概要をわかりやすく解説しているので、楽しく継続的に学べます。

アニメーション動画で学んだ後、実際にコードを書いて学んだ内容を実装していきます。

コードを書くことで学んだ内容を深く理解できるので、サンプルを見ながら手を動かしていきましょう。

プレミアムプランでは質問がし放題で、また週に1回メンターと相談できるので、初心者の方でも安心して学習を進められます。

ウマたん
ウマたん
統計学・機械学習・ディープラーニングを実践的に学んで身につけたい人におすすめ!

3.Study-AI

study-ai

Study-AI」ではAIに関する講座や試験対策を展開しているサイトになります。

G検定の講座はまだ一般公開されていませんが、ベータ版の現在(2023年1月)、G検定の模擬テストを無料で公開しています。

300題以上あり、問題をすばやく解く練習をしたい方におすすめのサイトです。

ウマたん
ウマたん
G検定の想定問題がたくさんあるので、スキマ時間にやっておこう!

4.テックアカデミー

テックアカデミー

テックアカデミー」は完全オンライン完結タイプのプログラミングスクールです。

テックアカデミーのコースの一つであるPythonコースでは、Pythonを学びながらG検定の範囲である機械学習の基礎を学べます。

テックアカデミーではメンタリングが週2回と充実しているので、機械学習やディープラーニングで分からないことがあればプロのエンジニアに相談できます。

ウマたん
ウマたん
メンターと相談しながら勉強を進めたい人におすすめ!

テックアカデミーについては以下で体験談をまとめているのででチェックしてみてください。

【体験談】テックアカデミー評判は?3か月本気受講してみたので徹底レビュー!当ブログ【スタビジ】では、様々なプログラミングスクールの中からテックアカデミーのメリット・デメリット・評判について3か月の体験談をもとに赤裸々にレビューしていきます。...

G検定の対策3つ

g_exam

ここで、G検定に合格するための対策について紹介していきます。

一回で合格できるように、この章を参考に準備を整えておきましょう。

1.間違える問題は復習してカンペを作成する

G検定では自宅でオンラインで受験できるため、カンニングペーパー(カンペ)のようなメモの利用は黙認されています。

もちろん自分の頭で回答することは大事ですが、試験では120分で224問を解答する必要があり、試験範囲も膨大なため、「カンペを準備しておくこと」は対策として有効です。

ただ、学んだ内容をすべてカンペにすると調べるのに時間がかかってしまうので、間違えた問題の内容でカンペを作成することをおすすめします。

・どの問題であればカンペにするのがよいか
・カンペをパソコン・メモ帳のどちらで書き込むとすぐに答えられるのか

カンペを作成する際は上記のようなことも意識すると、テスト中でもスムーズに内容を確認できます。

ウマたん
ウマたん
カンペ作成も自分なりに内容を理解しながら作成するから、良い復習の機会になるよ!

2.問題集や模擬試験の基本的な内容はすべて暗記しておく

解くスピードを上げるために、問題集や模擬試験で出てきた「基本的な内容はすべて暗記しておくこと」が大切です。

ディープラーニングに関して全く知らない初心者の方は、前提知識がある方と比べると、基本的な内容の問題でも差が付いてしまう可能性が高いです。

問題集を解きながら、各分野の基本的な単語の意味といった基本的な内容は一つ一つ覚えていきましょう。

ウマたん
ウマたん
基本的な内容はなるべく記憶に定着させておくと、今後業務などでAI関連の話題が出てきた時にも役立つ!

3.マインドマップを作成して、概念の関係性を整理しておく

各分野の関係性を理解するために「マインドマップを作成すること」も対策の一つです。

マインドマップとはメインテーマを中心に自由な考え方やアイデア、情報などを分岐させて記入し、脳内の思考を表現する方法です。

例えば、G検定のマインドマップの場合、以下の使い方が出来ます。

・AI・ディープラーニングなどの重要部分を中心に概念の関係性を広げて整理する
・必要な情報をすぐに取り出せるようにメインとサブのトピックから順番に並べる
・試験では、必要なトピックのみを細かく広げておき、ケアレスミスを防ぐ

マインドマップは、多くの作成時間や使い方の確認が必要なため、勉強の時に早い段階で作っておくことがおすすめです。

ウマたん
ウマたん
最初は難しいかもしれないけど、マインドマップを作る中で段々と理解が深まってくるよ!

G検定の本番でのコツ3つ

g_exam

G検定の本番で落ち着いて問題を解き、本来の実力を出すことが大切です。

ここでは、本番でのコツ3つを解説します。

1.解ける問題から先に終わらせる

試験では、ジャンルごとに「解ける問題から先に終わらせること」が大切です。

難しい内容は後回しにして、解ける問題を確実に解くことが正答率を伸ばすコツになります。

ウマたん
ウマたん
まずは一通り問題を見て回答できそうなところは回答する意識で進めてみよう!

2.わからない問題に時間を使いすぎない

わからない問題は時間を使い過ぎないこと」も合格するためには大切です。

本番では1問あたり30秒ほどの解答時間しかないため、わからない問題に時間をかけて調べる暇はほとんどありません。

そのためすぐに正答できないと判断した問題は、後から見直しできるようにメモしておきつつ、ひとまず直感で解答しておきましょう。

ウマたん
ウマたん
少し考えてわからないと感じたら、見切りをつける判断も大切!

3.カンペは付箋やタブですぐ検索できるようにする

カンペでは、手書きであれば付箋でPCのメモアプリであればタブで「調べたい内容をすぐに検索できること」が大切です。

勉強したことがある分野であれば、ここを見ればわかるくらいになっておくと、試験中も慌てずに情報を取り出すことが出来ます。

ウマたん
ウマたん
カンペがあるから油断していると調べるのに時間がかかって正答率が下がってしまうので注意!

G検定の勉強法まとめ

G検定の勉強法とG検定を受験する際の対策と本番のコツを紹介していきました。

G検定の勉強は以下の4ステップで進めることをおすすめします。

STEP1:G検定の特徴を把握する
STEP2:学習本を熟読する・学習サイトで学ぶ
STEP3:問題集で問題を解く
STEP4:アプリで問題に慣れるまで繰り返す

問題を解きながら機械学習やディープラーニングの概要を理解していきましょう。

ウマたん
ウマたん
試験対策もばっちりして、1発合格を目指そう!

機械学習については以下の記事で解説しているので、詳しく知りたい方はチェックしてみてください。

機械学習とディープラーニングの違い
機械学習とディープラーニングの違いを分かりやすく解説!当サイト【スタビジ】の本記事では、曖昧に認識されがちな機械学習とディープラーニングの違いについて解説していきます。AI/機械学習/ディープラーニングは色々と混同されがちなのですが、違いと共通点についてここでしっかり理解しておきましょう!...

データサイエンティストに関する資格については以下の記事で解説していますので、良かったら参考にしてみてください。

データサイエンティスト 資格
【徹底比較】データサイエンティストに資格は必要なのか? こんにちは! データサイエンティストのウマたん(@statistics1012)です! 消費財メーカーでデータ分析や...
スタビジアカデミーでデータサイエンスをさらに深く学ぼう!

スタアカサービスバナースタビジのコンテンツをさらに深堀りしたコンテンツが動画と一緒に学べるスクールです。

プレミアムプランでは私がマンツーマンで伴走させていただきます!ご受講お待ちしております!

スタビジアカデミーはこちら