Python

Python3エンジニア認定基礎試験とは?難易度・勉強方法を紹介!

python3basic
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
ウマたん
ウマたん
当サイト【スタビジ】の本記事では、Python3エンジニア認定基礎試験を受験する方に向けて試験概要や勉強方法について解説していきます!Pythonを勉強する際に目標にしたいこの試験!本記事を読んで勉強を始めてみて下さい!

こんにちは!スタビジ編集部です!

Python“はデータ分析、人工知能、Web開発、科学計算、自動化などに広い分野で利用される言語です。

そんなPythonを勉強しようと思っている人の中には、”Python3エンジニア認定基礎試験“に興味がある方もいるのではないでしょうか。

Python3エンジニア認定基礎試験ってどんな試験?難易度はどのくらい?
Python3エンジニア認定基礎試験の勉強法が知りたい!

今回は、上記の方に向けて、Python3エンジニア認定基礎試験の試験内容・勉強方法を解説します。

・Python3エンジニア認定基礎試験とは
・Python3エンジニア認定基礎試験の難易度と対策
・Python3エンジニア認定基礎試験の勉強方法3ステップ

ウマたん
ウマたん
Pythonを勉強し始めた人におすすめの試験!試験や勉強方法について押さえていこう!

試験勉強の前にPythonについて詳しく知りたい方は、以下の記事でPythonで出来ることをまとめているのでチェックしてみてください。

Pythonでできること
Pythonでできること7選!コード例をまじえて解説!当サイト【スタビジ】本記事では、Pythonでできることを7つまとめていきます!!Pythonで何ができるのか分からない状況から深い理解にもっていきますよー!実際にPythonでの実装例や勉強方法も取り上げているのでぜひご自分の環境で手を動かして実装してみてくださいね!...

Python3エンジニア認定基礎試験とは

python3basic

Python3エンジニア認定基礎試験」は、一般社団法人のPythonエンジニア育成推進協会が運営する民間資格で、Pythonの基礎的な使い方や仕組み、文法についての知識が問われる試験です。

試験を通して、Pythonの便利さを正しく理解し、適切に利用するために必要な知識とスキルが身についているか確認できます。

Python3エンジニア認定基礎試験に合格することによるメリットは、以下の通り。

・Pythonのスキルを証明でき、就職や転職の際に有利になる。
・Pythonに関する知識やスキルを向上させられ、エンジニアとして評価される。

ウマたん
ウマたん
Pythonの基礎スキルがあることをアピールできる資格なんだね!

Python3エンジニア認定基礎試験の試験概要

Python3エンジニア認定基礎試験の試験概要」は以下の通りです。

試験名称Python3 エンジニア認定基礎試験
資格名Python3 エンジニア認定基礎試験合格者
試験内容Pythonの文法基礎を問う試験:60分
問題数40問(選択問題)
合格ライン正答率:70%
受験会場全国のオデッセイコミュニケーションズCBTテストセンター
受験料金一般:10,000円(税別)
学割:5,000円(税別)

試験の問題数は40問で、すべて選択問題となります。

一問当たり1.5分と正確に素早く回答する力が求められます。

試験が全国のオデッセイコミュニケーションズCBTテストセンターで行われ、試験会場はOdysseyの公式サイトで確認することが可能です。

ウマたん
ウマたん
問題は選択式の資格試験!近くのテストセンターで好きな日時を予約して受験できる!

Python3エンジニア認定基礎試験の試験範囲

Python3エンジニア認定基礎試験の試験範囲」は認定教材である”Pythonチュートリアル”から以下の配分で出題されることが公式サイトで公開されています。

章立て割合
1章 食欲をそそってみようか2.5%
2章 Pythonインタープリタの使い方2.5%
3章 気楽な入門編15.0%
4章 制御構造ツール22.5%
5章 データ構造17.5%
6章 モジュール5.0%
7章 入出力2.5%
8章 エラーと例外10.0%
9章 クラス5.0%
10章 標準ライブラリめぐり10.0%
11章 標準ライブラリめぐり─PartII2.5%
12章 仮想環境とパッケージ2.5%
13章 次はなに?0.0%
14章 対話環境での入力行編集とヒストリ置換2.5%

上記のように3~5章の問題だけで全体の50%以上を占めていることがわかります。

3~5章の出題内容を詳しく見てみましょう。

3章 気楽な入門編の内容1. 数値の取り扱い
2. 文字列の取り扱い
3. リストの取り扱い
4. プログラミングを感じる
上記の目次で構成されており、数値・文字列・リストの扱い方など入門問題が多く出題される。
4章 制御構造ツールの内容1. if文
2. for文
3. while, break
4. rangeとcontinue
5. for, break, else
6. pass, def
7. 引数, キーワード引数
8. lambda(ラムダ)式
9. docstring
10. 関数アノテーション
11. PEP8
上記の目次で構成され、実際にコードを入力して出力結果を確かめることでより深い学びができます。
5章 データ構造の内容1. リストの加工
2. キュー
3. リスト内包表記
4. del
5. タプル
6. 集合 set
7. 辞書型 dict と落穂拾い
上記の目次で構成され、各構文の特徴・書き方をしっかり学習することが大切です。

各項目の内容を把握して重点的に勉強することが大切です。

ウマたん
ウマたん
出題範囲が多く見えるけど、Pythonの基本的な文法のところが大部分を占める!一つ一つ理解していこう!

Python3エンジニア認定基礎試験の日程と受験方法

Python3エンジニア認定基礎試験の日程」は、受験するオデッセイコミュニケーションズCBTテストセンターごとに異なります。

Odysseyの公式サイトで試験会場を検索するとその会場で受験できる日時を選ぶことが出来ます。

また、試験前にOdysseyのID登録が、試験当日に写真付きの身分証明書が必要になるのでどちらも忘れずに準備しましょう。

ウマたん
ウマたん
試験日程は試験の予約時に好きな日時を決められる!スケジュールを決めてあらかじめ予約しておくのがおすすめ!

Python3エンジニア認定基礎試験の難易度と対策

python3basic

Python3エンジニア認定基礎試験の難易度と対策」について見ていきます。

Python3エンジニア認定基礎試験の受験者データはこちらです。

試験年受験者数合格者数合格率試験概要
2018年3,727人2,993人80.3%Pythonの文法基礎が問われる試験
2017年1,273人989人77.7%

過去のデータですが合格率は8割近くとかなり高い結果となっています。

試験内容もPythonの文法基礎が問われる内容となっているため、プログラミング経験者にとっては、”簡単に解ける難易度“だと考えられます。

そんな合格率の高い試験ですが、プログラミングの基礎を細かく問われえる分、プログラミング初心者にとっては少しハードルの高い試験になります。

そこで試験対策としては以下の2つが挙げられます。

対策1:コードを書いてアウトプットしておく
対策2:模擬試験を繰り返し間違えた問題をなくす

対策1:コードを書いてアウトプットしておく

試験の対策としては、Pythonの文法基礎が問われるため、「コードを書いてアウトプットすること」が大切です。

プログラミング初心者だと、テキストを読んだだけではイメージがつきにくいので、実際にコードを書いて出力結果をたしかめましょう。

コーディングしてアウトプットしておくと、本番で模擬試験とは違ったコードが出てきても戸惑うことなく解答できます。

ウマたん
ウマたん
勉強した内容は実際にコードを書いて見る形でアウトプットすることを意識しよう!

対策2:模擬試験を繰り返し間違えた問題をなくす

試験では公開されている配分に沿って出題されるため、「模擬試験を繰り返して間違えた問題をなくしていくこと」が大切です。

一般的に試験の勉強においては、過去問題を解いて傾向をつかむことが重要ですが、本試験の過去問題は公開されていません。

そのため、Pythonエンジニア育成推進協会が認定するスクールが無料で公開している模擬試験を受験することをおすすめします。

模擬試験を受験すると、どういった問題が出題されるのか傾向をつかむことが出来るので、非常に大きな試験対策になります。

ウマたん
ウマたん
模擬試験を解くことは一番の試験対策!見つかった苦手分野は本番までにつぶしておこう!

Python3エンジニア認定基礎試験の勉強方法3ステップ

python3basic

Python3エンジニア認定基礎試験の勉強方法」について紹介していきます。

Python3エンジニア認定基礎試験のおすすめ勉強方法は以下の3ステップです。

ステップ1:参考書や認定教材で基礎知識を学ぶ
ステップ2:コードを書いて動作を確認する
ステップ3:模擬試験を受けて苦手な問題を復習する

では、詳しく見ていきましょう。

ステップ1:参考書や認定教材で基礎知識を学ぶ

まずは「Pythonの基礎知識を学ぶこと」が大切です。

特にプログラミング初心者は時間を取ってプログラミングとはどういうものか概要のイメージをつかんでいきましょう。

Pythonの文法や構文、データ型などの基礎を学ぶ際は、参考書や認定教材を活用して体系的に学ぶと理解しやすいです。

特に認定教材の「スラスラわかるPython第2版」は試験範囲にもなっているので、目を通しておくことをおすすめします。

ウマたん
ウマたん
まずは一通りPythonの基礎知識をマスターしよう!

ステップ2:コードを書いて動作を確認する

学んだ知識は「コードを書いて動作確認すること」を意識しましょう。

実際に手で書いて挙動を確認することで学んだ内容やプログラミングへの理解が深まります。

コードの実行は自分のPCにPython環境を構築して”Jupyter Notebook“で試すことが出来ます。

Pythonの使い方
【5分で分かる】Jupyter notebookの使い方!インストール方法からPython基礎構文当サイト【スタビジ】の本記事では、本記事では、PythonそしてPythonを簡易的に実行できる環境であるJupyter notebookの使い方について簡単に解説していきます。Pythonを使えると作業を自動化できたり高度なデータ分析が出来たり幅が広がります!ぜひPythonをマスターしましょう!...

環境構築に不安がある方は”Google Colabratory“を利用するとブラウザ上で簡単にPythonのコードを実行できるので試してみてください。

Google Colaboratory
Google Colaboratoryのメリットと使い方!GPU環境でPython回すならこれだ!当サイト【スタビジ】の本記事では、Googleが無償で提供する機械学習のプラットフォーム「Google Colaboratory」をメリット・デメリット・使い方について見ていきます!実際にPythonを実行していきGPUの威力を見ていきます。...

また、コードでエラーがあった際に、原因の探し方や直し方なども学習しておくと、実践でのスキルが身につきます。

ウマたん
ウマたん
自分でコードを書くことで、学んだ知識が身につきやすくなる!

ステップ3:模擬試験を受けて苦手な問題を復習する

Pythonの基礎知識を身につけた後は「模擬試験を受験して苦手な問題を見つける」を繰り返しましょう。

模擬試験を受けると、本試験に出題される傾向をつかめます。

また実際に問題を解くことで理解があいまいな所がわかるので、その分野を復習することで得点率を高めることが出来ます。

模擬試験は認定スクールである”プライム・ストラテジー“、”ディープロ“、”トレノケート“で会員登録することで無料で受験できます。

ウマたん
ウマたん
模擬試験を解く&復習して70%以上の正答率を目指していこう!

Python3エンジニア認定基礎試験の合格に必要な勉強時間

Pythonエンジニア認定基礎試験の合格に必要な勉強時間は「約20時間ほど」です。

ただ、プログラミング初心者の方は理解に時間がかかるので、プラス5~10時間ほど見込んでおくと良いです。

試験範囲はPythonの文法や基本知識と今後Pythonを使っていくうえで欠かせないスキルなので、一夜漬けではなくじっくり身につけることが大切です。

ウマたん
ウマたん
1ヶ月しっかり勉強すれば十分合格できる試験!

Python3エンジニア認定基礎試験のおすすめの参考書・WEBサイト

python3basic

Pythonエンジニア認定基礎試験の勉強におすすめな「参考書・WEBサイト」を紹介します。

Pythonの参考書が多くあって悩む・・・
Python3エンジニア認定基礎試験におすすめなWEBサイトが知りたい!

上記のような方はぜひ参考にしてみてください。

おすすめの参考書:「スラスラわかるPython」

created by Rinker
¥2,530
(2024/06/13 16:40:06時点 Amazon調べ-詳細)

スラスラわかるPython」は、Pythonの実際の使用方法に特化しており、無駄になる部分がないように作成されています。

そのため、初心者でもPythonを簡単に学ぶことが出来ます。

環境構築の際に起こりがちな問題については、図を使用して丁寧に解説されているため、安心してプログラミング学習を始められます。

ウマたん
ウマたん
Pythonを基本から学びたい人におすすめの本!

おすすめの参考書「プログラミング入門 まんが版こんにちはPython」

ゲームセンターあらしと学ぶ プログラミング入門 まんが版こんにちはPython」は、プログラミングの重要性や魅力について解説し、漫画形式でわかりやすく説明しています。

ゲームを作りながらPythonの文法や基礎を学べるので、プログラミング初心者の大人でも理解しやすく入門書として最適です。

Pythonに関する知識やスキルがなくてもスラスラ読むことが出来るので、教科書のような入門書を難しく感じられた方におすすめです。

ウマたん
ウマたん
漫画形式でPythonの基本がわかりやすくつかめる本!

おすすめの参考書:「Pythonチュートリアル 第4版」

created by Rinker
¥1,980
(2024/06/13 16:40:07時点 Amazon調べ-詳細)

Pythonチュートリアル 第4版」は、Python3エンジニア認定基礎試験の認定教材で、Pythonの公式ドキュメントに書かれている内容を元に書かれている本です。

Pythonの各機能の概念や使い方について一通り書かれているので、Pythonの中身について理解することが出来ます。

また、Pythonの特徴的な機能も多数取り上げて紹介しており、Pythonのスタイルや雰囲気を把握することも出来ます。

ただ、必要最低限のことが書かれた”Pythonの仕様書”に近いため、他の入門レベルの参考書とあわせて読むことをおすすめします。

ウマたん
ウマたん
Pythonの公式ドキュメントに則った使い方ガイド!Pythonの機能の中身を理解するのにおすすめ!

おすすめのWEBサイト:「Udemy」

udemy

Udemy」はオンライン講座を提供する教育プラットフォームでPythonに関する講座も1万個ほど用意されています。

Pythonのさまざまな講座が展開されており、Pythonの基礎を網羅した講座から特定の機能に絞って重点的に説明したものまで学びたい内容にあわせて選択できます。

さらに講師によっては講座に対する質問に対するサポート、ダウンロードコンテンツなど独自のサービスを提供している場合もあり、初心者でも学びやすいです。

Python3エンジニア認定基礎試験におすすめの講座はこちら

・Python3 の基礎 - 超入門・再入門 -
・【完全初心者向け】絶対に挫折させないPython入門講座

Python3 の基礎 - 超入門・再入門 -

python3basic
【オススメ度】
【講師】中村 勝則
【時間】11時間
【レベル】初級

Python3 の基礎 - 超入門・再入門 -」ではPython3の基礎的な内容をゆっくり丁寧に解説している講座です。

Python3エンジニア認定基礎試験の試験範囲に関する内容も大部分含まれており、試験対策としても有効です。

内容の説明と実際のプログラミングを交互に見せながらPythonの文法を繰り返し細かく解説されているので、理解しやすいです。

よくある急に説明がテンポアップしてついていけなくなったという人に向けて作られているので、初学者におすすめの講座です。

ウマたん
ウマたん
丁寧で分かりやすい講座!他の入門書をやっていて挫折してしまった人におすすめ!
\30日以内なら返金無料/このコースを見てみる

【完全初心者向け】絶対に挫折させないPython入門講座

python3basic
【オススメ度】
【講師】美悠 小山内
【時間】10時間
【レベル】初級

【完全初心者向け】絶対に挫折させないPython入門講座」はPythonの基礎を学びながら簡単なアプリ開発までマスターできる講座です。

前半でPythonプログラミングの基本知識を学び、後半でその知識を用いて”じゃんけんアプリ”を開発する構成になっています。

講座を見ながら手を動かしてコーディングすることで知識の理解が進むとともにPythonを使う楽しさが味わうことが出来ます。

ウマたん
ウマたん
Pythonで何かアプリを作ってみたいという初心者の方におすすめ!
\30日以内なら返金無料/このコースを見てみる

おすすめのWEBサイト:「スタアカ」

スタアカトップ公式サイト:https://toukei-lab.com/achademy/

スタアカ」は当メディアが運営するスクールで、データサイエンティストの経験をふまえてエッセンスを詰め込んだサービスとなります。

【価格】ライトプラン:1280円/月
プレミアムプラン:149,800円
【オススメ度】
【サポート体制】
【受講形式】オンライン形式
【学習範囲】データサイエンスを網羅的に学ぶ
実践的なビジネスフレームワークを学ぶ
SQLとPythonを組みあわせて実データを使った様々なワークを行う
マーケティングの実行プラン策定
マーケティングとデータ分析の掛け合わせで集客マネタイズ

データサイエンスではPythonを使うことが多いため、Pythonコースも扱っています

  • 03.Python基礎:Pythonの特徴やできること、基本的な文法を学びます

上記で、Python3エンジニア認定基礎試験の出題範囲の内容を扱っており、試験対策にも活用できます。

またPythonを使ったデータ分析のコースが充実しており、実践的なスキルを身につけたい方におすすめです。

・BigQuery上でSQL、Google Colab上でPythonを使い野球の投球分析
・世界最大手小売企業のウォルマートの実データを用いた需要予測
・ビジネス・マーケティングの基礎を学んで実際の企業を題材にしたマーケティングプランの策定
・Webサイト構築してデータ基盤構築してWebマーケ×データ分析実践して稼ぐ

またプレミアムプランでは24時間以内の質問対応と現役データサイエンティストによる複数回のメンタリングを実施します!

Pythonの勉強で分からないことがあれば現役データサイエンティに質問して理解を深めていきましょう。

ウマたん
ウマたん
Pythonの基礎やデータ分析の実践スキルが身につく!

Python3エンジニア認定基礎試験 まとめ

Python3エンジニア認定基礎試験の難易度や勉強方法、おすすめの参考書について解説しました。

Python3エンジニア認定基礎試験のおすすめ勉強方法は以下の通りです。

ステップ1:参考書や認定教材で基礎知識を学ぶ
ステップ2:コードを書いて動作を確認する
ステップ3:模擬試験を受けて苦手な問題を復習する

試験ではプログラムの動きを確認する問題が多いため、実際にコードを入力してPythonの理解を深めることが大切です。

参考書を読んだり、プログラミングを入力して実践して勉強することの他にも、試験問題に慣れるまで模擬試験を何度も解いて、しっかり準備しましょう。

ウマたん
ウマたん
1ヶ月試験勉強すればPythonの基本をマスターできる!合格目指して頑張ろう!
ロボたん
ロボたん
ゆくゆくはPythonマスターだ!

Python3エンジニア認定基礎試験を合格したら次は”Python3エンジニア認定データ分析試験”に挑戦してみてください。

Python3エンジニア認定データ分析試験の難易度は?勉強方法や参考書を紹介!当サイト【スタビジ】の本記事では、Python3エンジニア認定データ分析試験を受験する方に向けて勉強方法や参考書を解説していきます!AIやデータサイエンスの分野で活躍できるPythonスキル取得のため、本記事で資格勉強をスタートしていきましょう!...

また、Pythonの勉強方法は以下の記事を参考にしてみてください!

Python独学勉強法
【Python独学勉強法】Python入門を3ヶ月で習得できる学習ロードマップ当サイト【スタビジ】の本記事では、過去僕自身がPythonを独学を駆使しながら習得した経験をもとにPythonを効率よく勉強する方法を具体的なコード付き実装例と合わせてまとめていきます。Pythonはできることが幅広いので自分のやりたいことを明確にして勉強法を選ぶことが大事です。...
スタビジアカデミーでデータサイエンスをさらに深く学ぼう!

スタアカサービスバナースタビジのコンテンツをさらに深堀りしたコンテンツが動画と一緒に学べるスクールです。

プレミアムプランでは私がマンツーマンで伴走させていただきます!ご受講お待ちしております!

スタビジアカデミーはこちら