広告

【これだけ!】Web広告の独学勉強ロードマップを徹底的に解説!

Web広告サムネ
ウマたん
ウマたん
本記事では、Web広告の独学勉強法について徹底的にまとめていきます!Web広告への理解は今の時代必須となっており、ビジネスを成長させる上で必ず身に付けておきたいスキルです。そんなWeb広告の基本や勉強範囲をまとめた上でどのように勉強したらよいのか見ていきます。

Webマーケティングにおいては様々なスキルが存在しますが、その中でも特に短期的に効果を出してビジネスをブーストできるスキルがWeb広告。

しかし、ちゃんと理解しないと大きな赤字を出してしまう可能性の高い手段でもあります。

ロボたん
ロボたん
広告って失敗して大きな赤字を垂れ流してしまう危険な手段のイメージが強いんだよなぁ〜・・・
ウマたん
ウマたん
確かにWeb広告は一歩間違えると大きな損失を生んでしまうから気を付けよう!ただ逆にWeb広告を武器として身につけると大きな成果を生むんだ!

私自身、事業会社Webマーケ領域のデータサイエンティストとして多くのWeb広告運用に関わり個人でも広告運用をしてきましたが、指標の計測方法や運用方法を間違ってしまったがゆえに効率が悪くなってしまったケースを目の当たりにしてきました。

ただ、上手く使いこなせれば強力な武器となります。

そんな私の経験をふまえて、この記事ではWeb広告の基本と勉強方法について徹底的に解説していきたいと思います。

ぜひ、Web広告を理解してご自身のビジネスに活かしていきましょう!

なんでWeb広告の勉強って大事なの?

quiz

そもそもなぜ今、Web広告が大事なのでしょうか?

デジタル化が進む世の中においてWeb広告を使えないマーケターはマーケターとは言えません。

Web広告・インターネット広告の勢いはとどまることを知らず、今や巨大広告媒体として君臨していたTV広告を大きく抜き去っています。

広告の変遷(出典:電通「日本の広告費2020年」

この表の推移を見ると2018年にTV広告と同程度であったインターネット広告が2020年には大きくTV広告を抜き去り、4大マスメディア合計とほぼ同じになっています。

2020年のコロナの大打撃で各社が広告に対する出稿を弱め全体として広告に対する支出が減っているにも関わらず、インターネット広告だけは堅調な伸びを見せているのです。

ロボたん
ロボたん
え!?で、でもやっぱりTV広告って強いんじゃないの・・・?
ウマたん
ウマたん
確かにTV広告は未だに幅広い層に認知を取る手段としては強いよ。だけど、それは資本力のある大企業だから出来ることだし、今の時代は個々のニーズにフォーカスしたシャープな価値を届けることが大事になってきているんだ!

TV広告は未だに有効な場面もあります。

有名な敏腕マーケターの森岡毅さんも名著「確率戦略論」にてTV露出の重要さを述べています。

created by Rinker
¥4,576
(2021/11/28 17:36:02時点 Amazon調べ-詳細)

しかし、それは資本力があり、かつ広く認知を取ることが有効な場面に限られます。

Web広告について理解した上でTV広告を選ぶのであれば問題ありませんが、Web広告はよく分からないから既存のやり方でマス広告を頼ろうとするのは愚策です。

従来のマスメディアの広告はそれこそ多額の費用をかけないとなかなか実施することができませんでしたが、Web広告であれば少額から実施することが可能で個人でも問題なく運用することができるんです!

企業に勤めるサラリーマンにも・個人で事業をやる人にも是非このWeb広告の素晴らしさを理解してほしいところです!

学んだコト

・2018年にTV広告と同程度であったインターネット広告が2020年には大きくTV広告を抜き去り、4大マスメディア合計とほぼ同じになっている
・Web広告について理解した上でTV広告を選ぶのであれば問題ないが、Web広告はよく分からないから既存のやり方でマス広告を頼ろうとするのは愚策である

Web広告の基礎と勉強範囲

Teacher

続いてそんなWeb広告の基礎を学びながら、どういう部分を勉強しなくてはいけないのか、勉強範囲を見ていきましょう!

Web広告の種類

まずは当たり前ですが、Web広告にはどんな種類があるのか理解しておくことが大事です。

ロボたん
ロボたん
最近のWeb広告って色んな種類がありすぎてよく分からないんだよなぁ〜・・・
ウマたん
ウマたん
確かに多種多様な媒体があるから全てをキャッチアップするのは難しいよね!なるべく全体感をつかめるように順を追って説明していくよ!

デジタル広告には非常に多くの種類がありますが、全ての広告の設定方法などを細かく覚える必要はありません。

おさえておきたいのは、

・どこの面にどんな条件で出すことができるのか
・それぞれの広告はユーザーのどんな状態において効果的か

です。

Web広告 種類

全ての広告メニューを細かく理解しておく必要はありませんが、どんな種類の広告があってどんな時に使うのかは理解しておきましょう。

例えば、かなり購買ポイント・コンバージョンに近い広告として検索連動型広告というものがあります。

Google やYahooなどの検索結果の上位には必ず広告枠が設けられていて、そこに出稿してキーワードに合わせて露出を増やすことができるのです。

検索連動型広告

SEOによって純粋に検索結果の上位にコンテンツを出すことができればよいのですが、それには時間もかかりますし、なかなか上位を取るのは簡単ではありません。

SEO 勉強
【これだけ!】SEOの独学勉強ロードマップを徹底的に解説!当サイト【スタビジ】の本記事では、SEOの基本と独学勉強ロードマップについてまとめていきます!WebマーケティングにおいてSEOの知識は非常に重要です。SEOをしっかり学習してマスターしておくことで様々な領域に活きてきますのでしっかり勉強していきましょう!...

そこで検索連動型広告に出稿するという選択が取られることになるのです。

ロボたん
ロボたん
ふ〜ん、検索連動型広告にはどんな強みがあるの??

検索連動型広告では、キーワードに合わせて広告を出稿できるのが特徴であり強みです。

キーワードに合わせて検索ユーザーのニーズは顕在化されているので、そこに対して適切な広告を展開すれば、効果は非常に高くなります。

しかし、その分キーワードによっては競争が激化していて費用がものすごいかかってしまう場合もあるので注意しましょう。

SEO ダイエットおすすめ

検索連動型広告では、取りたいキーワードに入札して面を取っていきます。

入札は1クリックに対する課金額になり、出稿する側が決めることができます。

もちろんクリックあたりの単価は安い方が費用をおさえることができるのですが、安くしすぎると他の競合に負けて広告面を取られてしまうかもしれません。

例えば、競合Aが「ダイエット おすすめ」に対して1000円で入札を入れていて、自社が800円なら、競合Aに検索連動型広告の面を取られてしまうわけです。

ロボたん
ロボたん
くっそぉ〜じゃあガンガン入札額を上げよう!!

しかし、ここでむやみに2000円にするともちろん入札競争では勝てますが、1100円でも取れたので余計な費用がかかってしまっているわけです。

※厳密には品質スコアというキーワードと広告のマッチ度などの基準が入ってくるため、一概に全て入札価格で決まっているわけではありません

なるべく費用をおさえてかつ最大限の効果を発揮できるように頑張りましょう!

広告の種類に関しては他にもたくさんありますが、

・どんな面にどのような条件に絞って出稿できるのか
・そしてそれぞれの広告はどんな状態のターゲットに対して有効な広告なのか

を意識して運用するようにしましょう!

広告運用の際の効果測定・KPI

Analytics

続いてこれらの広告を運用する際の効果測定・KPIについて確認しましょう!

広告の効果を測る指標としては、例えばCPC、CPAという指標がよく使われます。

CPCとはCost Per Clickの略であり、1クリックあたりのコストを表します。

またCPAはCost Per Acquisitionの略であり、1件コンバージョンあたりのコストを表します。

先ほどの検索連動型広告を例に上げて見てみましょう!

検索連動型広告の場合は、クリックごとに課金がされます。

すなわち検索連動型広告で広告出稿する際はクリック単価を設定し、その単価に応じてクリックされる度に課金がされるのです。

例えば、クリック単価を200円に設定したとしましょう。

そうするとCPCはそのまま200円となります。

この時、10回クリックして1回購入されると、獲得に2000円がかかっている計算になるのでCPAは2000円となります。

Web広告 指標

CPAを下げるためにはCPCを下げるもしくはCVR(コンバージョンレート:獲得の割合)を上げる必要があります。

しかしCPCを下げると、それにともなって露出が減りリーチできる母数が落ちてきてしまうので注意が必要なんです。

ロボたん
ロボたん
うーん、なるほど〜、でもどうやってCPAの良し悪しを判断すればよいの・・・?

CPAはLTV(Life time value)と比較して適正な値を決めるべきです!

Life time valueは顧客生涯価値のことであり、新規で獲得したお客さんがここから先どのくらいの利益をもたらしてくれるかを表したものです。

例えば先ほどの例でCPAが2000円だとします。

この時、1購入あたり1000円の利益が出るシャンプーを販売しているとしましょう。

原価や物流費などその他雑費があるので、CPAと比較する際は売上ではなく利益で考えましょう!

ウマたん
ウマたん
この時CPAはどうかな??2000円は高すぎるかな?問題ないかな?
ロボたん
ロボたん
利益が1000円に対してCPAが2000円なら、、、高すぎる気がする!!

確かにCPA2000円で1000円の利益なので割に合っていないように見えます。

しかし、実はそのシャンプーは新規購入から平均して1.5回のリピートが発生することが分かっています。

するとLTVは2500円となりCPA2000円に対して黒字になります。

つまり広告を打てば打つほど長期的に見れば黒字化することになります。

逆にこれがマイナスになっていると広告を打てば打つほど赤字に転落することになります。

この感覚を持っているか持っていないかで広告の効率は間違いなく変わるので必ず注意しましょう!

ここでは一部の広告の種類や指標の考え方しか取り上げていませんが、ここで取り上げた考え方は今後Web広告を学ぶ上で非常に重要になってきますので必ずおさえておきましょう!

学んだコト

・デジタル広告は非常にたくさんの種類があるので、ざっくりどこの面にどんな条件で出すことができるのか、そしてそれぞれの広告はユーザーのどんな状態において効果的かだけおさえておこう!
・CPCとはCost Per Clickの略であり1クリックあたりのコストを表す
・CPAはCost Per Acquisitionの略であり1件コンバージョンあたりのコストを表す
・広告の費用対効果が合っているかどうかは、Cost Per Acquisition(CPA)、Life Time Value(LTV)のバランスで考えよう!

Web広告の勉強方法

Working late

ここまでで、Web広告の基礎や勉強範囲について学んできましたが続いて実際にどんなフローでWeb広告を学んでいけばよいのか、勉強方法について見ていきましょう!

Step1:Web広告の概要を学んで全体像を掴む

Goal

まずは、改めてWeb広告の概要について学んでいきましょう!

この記事でもWeb広告の概要について簡単に学んできましたが、改めて概要をおさえておくとよいでしょう!

Web広告を含むWebマーケティング全般について理解できる書籍や動画講座を以下で私自身が作成しているので是非見てみてください!

おばあちゃんがWebマーケティングを勉強して雑貨屋をV字回復!

created by Rinker
¥327
(2021/11/28 23:12:45時点 Amazon調べ-詳細)

おばあちゃんがWebマーケティングを駆使して雑貨屋を立て直していくストーリー。

Webマーケティングの全体感をつかむためにまず最初に読んで欲しいです。

価格は300円ちょっとですし、Kindle unlimitedであれば無料で読めます!

【入門から実践まで】Webマーケティングの全体像とデータ活用を短時間で学び実際にSEO集客ツールを作ってみよう!

Webマーケ講座
【オススメ度】
【講師】私自身!
【時間】2.5時間
【レベル】初級

Webマーケティングについて幅広く学べると同時にデータ分析についても簡単に理解した上で、最終的には簡単なSEOツールを作成していきます。

Webマーケティングの概要を理解したい方にもオススメですし、実際にプログラミング言語を使ってWebマーケのツールを実装してみたい方にもオススメの講座になっています!

Twitterアカウント(@statistics1012)にメンションいただければ月3回まで最低価格の1200円になる講師クーポンを発行できます!

\30日間返金無料/

Step2:実際にWeb広告を出稿してみる

pc python

続いて実際にWeb広告を出稿してみましょう!

Web広告出稿は本当に簡単に実施できます。

個人的には最初に取り組む広告としては先ほど紹介した検索連動型広告がオススメです。

検索連動型広告はGoogleのキーワードを入札して検索結果の上部に自分のサイトを表示させることができます。

検索連動型広告

そのため検索からクリックして遷移する先である受け皿が必要です。

もしWebサイトを持っていないのであれば、誰でも簡単に作れるので作ってみましょう!

Webサイトを作ってもいいですし、簡易的な「ペライチ」などのサービスでランディングページだけ作って回してみるのも手です。

ただ、もし余裕があるのであれば自分でWebサイトを作成してみるのがWebマーケティング全般のスキルセットが身につくのでオススメです!

以下の記事で個人でサイト作成をして運用をする方法についてまとめています。

【5分で分かる】サイト運営を個人でやる方法とサイトの作り方当サイト【スタビジ】の本記事では、個人で複数のサイトを運営している僕が、サイト運営を個人で行う方法と個人サイトの作り方について徹底的に解説していきます!サイト運営は素晴らしい経験・財産になりますよー!是非参考にしてみてくださいね!...

個人でサイトを構築するのであればエックスサーバーを借りてWordPressで構築するのがオススメです。

以下の記事で構築ステップをまとめていますので、是非チェックしてみてください!

エックスサーバー
エックスサーバーの使い方!サーバー設定とドメイン取得からWordPressインストールまで!当サイト【スタビジ】の本記事では、エックスサーバーの使い方について徹底的に解説していきます!サーバーの設定からドメイン取得、そしてWordPressインストールまでを見ていきましょう!エックスサーバーを使えば簡単にWebサイトを構築できるんです!...

その上で自分でランディング先ページを作成出来た後は以下のUdemy講座を見ながら設定を進めていくとよいでしょう!

成約率の高いLP構築法 × 爆発的に売り上がるWeb広告運用術

Udemy 広告
【オススメ度】
【講師】Webマーケ会社経営者
【時間】6.5時間
【レベル】初級

この動画では、

・Google検索連動型広告(SEM)
・Googleのアドネットワーク
・Yahoo検索連動型広告
・Yahooのアドネットワーク
・Twitter広告
・Facebook広告

について簡単に学びつつ、LPについても学ぶことが可能。

幅広く広告運用について学べるオススメのコースに仕上がっています。

\30日間返金無料/このコースを見てみる

細かい設定は公式リファレンスをチェック!

どんな領域でもそうですが、最新の情報はやっぱり公式を見るのが早いです。

細かい部分や分からない部分は公式のヘルプページを確認しましょう!

他にもTwitter広告・Instagram広告・Youtube広告など各種SNSの広告も非常に簡単に実施できますし少額から出稿できるので是非試してみましょう!

Step3:効果測定をしてPDCAを回す

当たり前ですが、Webマーケティングにおいて重要なのは効果測定をしてPDCAを回すことです。

Webマーケを支える種類

Web広告においてもやりっぱなしにせず、必ず効果測定をおこなってPDCAを回していくことが大事です。

以下のような様々な観点からWeb広告の運用を見直していきましょう!

・狙うキーワードやターゲットは適切か
・クリエイティブは適切か
・予算は適切か

データに関しては広告の管理運用画面から確認できますが、サイトでの購入(コンバージョン)発生時にそのデータを広告と紐付けるためにWebサイト上でタグを埋め込む必要が出てきます。

タグの管理には、Google tag managerYahoo tag managerが便利です。

GTM(Googleタグマネージャー)とは?導入から基本的な使い方まで!こんにちは!デジタルマーケターのウマたん(@statistics1012)です! タグマネやデータ分析などデータを貯めるところから...

先ほど紹介したUdemy講座で「成約率の高いLP構築法 × 爆発的に売り上がるWeb広告運用術」でタグマネージャーの使い方についても取り上げられているので是非チェックしてみてください!

また広告の効果測定で見るべき指標としては、先ほど取り上げたCPC・CPAなどの指標が1つの指標になります。

Web広告の勉強にオススメの教材やサービス

Stories office

ここまでWeb広告の基本や勉強のステップについて見てきましたが、最後にWeb広告を勉強するためにはどんなサービスがあるか簡単にまとめていきます!

Udemyで学ぶ

Udemy コース公式HP:https://www.udemy.com/

【価格】1200円~(コース売り切り型)
【オススメ度】

Udemyは世界最大の教育プラットフォームで私自身も勉強の際によく使っており、また講師としてもいくつかの講座を出しています。

Webマーケティング周りの知識はUdemyの動画で学ぶのが非常に手っ取り早くオススメです。

先ほども取り上げましたがWebマーケティングを幅広く学べる講座を私自身が出しているので、Web広告以前にWebマーケティングの全体像も含めて勉強したい方はこちらを見ていただければいいかと思います。

【入門から実践まで】Webマーケティングの全体像とデータ活用を短時間で学び実際にSEO集客ツールを作ってみよう!

Webマーケ講座
【オススメ度】
【講師】私自身!
【時間】2.5時間
【レベル】初級
\30日間返金無料/

また各種Web広告の設定や運用方法などは以下のUdemy講座で詳しく学べるのでオススメです!

成約率の高いLP構築法 × 爆発的に売り上がるWeb広告運用術

Udemy 広告
【オススメ度】
【講師】Webマーケ会社経営者
【時間】6.5時間
【レベル】初級
\30日間返金無料/このコースを見てみる

スクールで学ぶ

Webマーケティングスクールで学ぶのも1つの手です。

私自身が直接運営者にインタビューして色々聞いてきた以下のマケキャンというスクールはWebマーケティングの中でも特にWeb広告に特化しているのでオススメです!

dmm

公式サイト:マケキャン(旧:DMMマーケティングキャンプ)

【オススメ度】
【サポート体制】
【価格】入学金3.3万円
受講料38.5万円
20日間返金可能
【場所】オンライン授業/六本木で週1で授業
【Webマーケティング範囲】Web広告がメイン、実践型

マケキャン(旧:DMMマーケティングキャンプ)は、DMMが展開する日本最大級のWebマーケティングスクールです。

データ分析から広告配信設計などWebマーケティングに必要なスキルをワークなどを織り交ぜながら学んでいきます。

細かい広告運用の設定を学ぶというよりも全体の設計やディレクションを学んでいき、現役マーケッターとの壁打ちやプレゼンもある本格的なスクールです。

なんと今なら、受講後20日間以内であれば全額返金されるので安心

無料相談が可能なので気になる方は、相談してみることをオススメします。

\20日間返金無料/マケキャン無料相談!
マケキャン
マケキャンの評判・口コミを実際にインタビューして徹底分析! こんにちは! 都内の消費財メーカーでデジタルマーケティング兼データサイエンティストとして働くウマたん(@statistic...

教材やスクールを頼りするのも良いですが、結局は自分で手を動かして実際に運用してみることが非常に大事です!

座学で学んだ気にならないで必ず自分で実践・アウトプットを重ねて学びの質を上げていきましょう!

Web広告の勉強方法 まとめ

ここまででWeb広告の勉強方法について見てきました!

Web広告の基本とそれに基づく勉強法について見てきました!

Web広告はこれからの時代、必須のスキルであり、サラリーマン・個人事業主・経営者問わず万人が身に着けておいて欲しいスキルなんです!!

ロボたん
ロボたん
Web広告の勉強頑張らなくちゃ!やる気が出てきたよ!
ウマたん
ウマたん
Web広告が分かると色んなビジネスに応用が効くからねー!

Webマーケティングについて、より詳しく知りたい・学びたいという方は以下の記事で詳しくまとめていますので是非チェックしてみてください!

webマーケティング 勉強
独学でWebマーケティングを勉強してスキルを身につけていく方法!当サイト【スタビジ】の本記事では、Webマーケティングの勉強法についてまとめていきます。Webマーケティングは、これからの世の中を生き抜く上で非常に重要なスキル。Webマーケティングをインプットし実践まですることで初めて身に付きます。この記事ではインプット編と実践編に分けて解説していきますよ!...

また、より広くマーケティングについて知りたいという方は以下の記事を参考にしてみてください!

マーケティング 勉強
マーケティングの独学勉強法とおすすめサイトをまとめていく!当サイト【スタビジ】の本記事では、マーケティングの勉強範囲と勉強方法について徹底的にまとめていきます。3年間で必死にマーケティングを独学で勉強してきたノウハウを結集させて必ずあなたをマーケティングを習得できる道のりの第1歩目までおしあげます。...
スタビジアカデミーでデータサイエンスをさらに深く学ぼう!
スタアカトップ

スタビジのコンテンツをさらに深堀りしたコンテンツが動画と一緒に学べるスクールです。

プレミアムプランでは私がマンツーマンで伴走させていただきます!ご受講お待ちしております!

スタビジアカデミーはこちら