データサイエンス

コールドスタート問題について解説!定義・背景と解決策についてくわしく!

コールドスタート問題 アイキャッチ
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
ウマたん
ウマたん
当サイト【スタビジ】の本記事では、コールドスタート問題について解説してきます。コールドスタート問題とは「システムが使用履歴などのデータを持っていないため、効果的な動作と提供が難しい状況」と定義されています。例として推薦するシステムにおいて、事前にある程度のデータがないとほかのユーザーの情報が参照できないため、推薦できないといった問題です。今回はコールドスタート問題の定義・背景・解決策について解説します!

こんにちは!

データサイエンティストのウマたん(@statistics1012)です!

今回はコールドスタート問題について解説していきます!

コールドスタート問題とは「システムが使用履歴などのデータを持っていないため、効果的な動作と提供が難しい状況」と定義されています。

マーケティング・レコメンドにおいて、購入履歴がない場合だとおすすめ商品が推薦できない問題が挙げられます。機械学習においても、

新たなデータに対して適切なモデルが見つからないといった問題もコールドスタート問題に含まれます。

ウマたん
ウマたん
コールドスタート問題は初期段階で発生するものなので、適切な対策を講じることで成果を向上させることができるよ!

この記事では、コールドスタート問題の定義と背景、解決策について解説します!

・コールドスタート問題の定義・背景について解説!
・コールドスタート問題の解決策について解説!

コールドスタート問題について解説!

Data Trends

コールドスタート問題とは「システムが使用履歴などのデータを持っていないため、効果的な動作と提供が難しい状況」と定義されています。

例として画像判別を挙げてみましょう。

犬と猫の画像を学習して未知のデータに対して判定を行いますが、与えられたデータを学習する必要があるため、事前にデータがなければ結果をうまく出力することができません。

また自社開発のレコメンドシステムなどは、自社内にデータが蓄積されておらず十分な学習がされていないままリリースすることが多々ありますね!

それ以外にも色々な背景(問題)があるので、こちらの図を見てみると良いでしょう!

コールドスタート問題 例
ウマたん
ウマたん
このように様々なビジネスにおいて、このような問題が発生することを覚えておこう!

コールドスタート問題の解決策について解説!

Business Plan

では、コールドスタート問題を解決するにはどうすればよいでしょうか?ここでは4つ紹介していきますので順に見ていきましょう!

1. カテゴリー情報などの活用

顧客情報などが蓄積されていない場合、より幅広い情報を持つカテゴリーといった情報で補うことが挙げられます。

また階層モデルによる推論もコールドスタート問題の改善につながります。

階層モデルとは「階層構造をもつデータから、階層ごとの個体差を表現するモデル」を意味します。

こちらも顧客情報がなくとも、既存顧客のカテゴリーのデータがあるため、属しているカテゴリーからある程度予測が可能になります。

2. プロモーションの最適化

新しい顧客に対して、魅力的なプロモーションやチュートリアルを提供することでレコメンドでは補えなかった新商品・サービスに関心を向ける方法が挙げられます。

3. 転移学習・半教師学習の活用

機械学習において、過去のタスクで学習した知識を新しいタスクに転用できる転移学習や、観測されたデータと観測されていないデータ両方を使用し、少しの観測されたデータを用いることで、観測されていないデータを学習できる半教師学習が挙げられます。

ファインチューニングと転移学習の違いやChatGPTをPythonでファインチューニングする方法!当サイト【スタビジ】の本記事では、話題のAIで重要なファインチューニングについて解説していきます。ファインチューニングと同じく色々なところで聞かれる転移学習と混同されていることが多いのでそちらについても言及していきます!またPythonを使って実際にChatGPTのファインチューニングも行います。...

4. トレンド・パターンの利用

新しいコンテンツや顧客がどのようなトレンド・パターンにマッチするか分析して、その結果に基づいて予測する方法が挙げられます。これにより一般的な関心が一致する商品などを表示することができます。

コールドスタート問題 まとめ

Happy

本記事ではコールドスタート問題についてまとめました!

コールドスタート問題では主にレコメンドに関わる話が多いので、こちらの協調フィルタリングの記事レコメンドのアルゴリズムも見てみると良いでしょう!

レコメンドに用いられる協調フィルタリングの利点と欠点とは?当サイト【スタビジ】の本記事では、レコメンドロジックとして様々なところで用いられる協調フィルタリングの仕組みを見ていきたいと思います。そして協調フィルタリングの利点・欠点についてもまとめていきますよ!...
レコメンド アルゴリズム
レコメンドで使われる4つのアルゴリズムを簡単に紐解く!当サイト【スタビジ】の本記事では、レコメンドに用いられる4つのアルゴリズムについて数式は使わずに簡単に解説していきます。レコメンドはどこに向かうのかみたいな議論もしていきたいと思います。果たして完璧なレコメンドはあり得るのでしょうか?...

このようなデータサイエンスの力を身に付けるためにはスタビジの記事やスクールを活用すると良いでしょう。

そして僕の経験を詰め込んだデータサイエンス特化のスクール「スタアカ(スタビジアカデミー)」を運営していますので,興味のある方はぜひチェックしてみてください!

AIデータサイエンス特化スクール「スタアカ」

スタアカトップ
【価格】ライトプラン:980円/月
プレミアムプラン:98,000円
【オススメ度】
【サポート体制】
【受講形式】オンライン形式
【学習範囲】データサイエンスを網羅的に学ぶ
実践的なビジネスフレームワークを学ぶ
SQLとPythonを組み合わせて実データを使った様々なワークを行う
マーケティングの実行プラン策定
マーケティングとデータ分析の掛け合わせで集客マネタイズ

データサイエンティストとしての自分の経験をふまえてエッセンスを詰め込んだのがこちらのスタビジアカデミー、略して「スタアカ」!!

当メディアが運営するスクールです。

24時間以内の質問対応と現役データサイエンティストによる複数回のメンタリングを実施します!

カリキュラム自体は、他のスクールと比較して圧倒的に良い自信があるのでぜひ受講してみてください!

他のスクールのカリキュラムはPythonでの機械学習実装だけに焦点が当たっているものが多く、実務に即した内容になっていないものが多いです。

そんな課題感に対して、実務で使うことの多いSQLや機械学習のビジネス導入プロセスの理解なども合わせて学べるボリューム満点のコースになっています!

Pythonが初めての人でも学べるようなカリキュラムしておりますので是非チェックしてみてください!

ウォルマートのデータを使って商品の予測分析をしたり、実務で使うことの多いGoogleプロダクトのBigQueryを使って投球分析をしたり、データサイエンティストに必要なビジネス・マーケティングの基礎を学んでマーケティングプランを作ってもらったり・Webサイト構築してデータ基盤構築してWebマーケ×データ分析実践してもらったりする盛りだくさんの内容になってます!

・BigQuery上でSQL、Google Colab上でPythonを使い野球の投球分析
・世界最大手小売企業のウォルマートの実データを用いた需要予測
・ビジネス・マーケティングの基礎を学んで実際の企業を題材にしたマーケティングプランの策定
・Webサイト構築してデータ基盤構築してWebマーケ×データ分析実践して稼ぐ

データサイエンスに関する記事はこちら!

統計学入門に必要な知識と独学勉強方法を簡単に学ぼう!当ブログ【スタビジ】の本記事では、統計学入門に必要な知識をカンタンにまとめ、それらをどのように効率的に独学で勉強していけばよいかをお話ししていきます。統計学は難しいイメージが少しありますが、学び方をしっかり考えれば大丈夫!...
デーサイエンス本
【データサイエンティスト厳選18冊】データサイエンスを学ぶ上でオススメな本・教材!当ブログ【スタビジ】の本記事では、データサイエンスを学ぶ上でオススメできる本を厳選して紹介していきます。ここではデータサイエンティストになるために習得するスキルをデータサイエンスと称しております。いくつかの観点に切り分けて見ていきます。...

データサイエンスを勉強できるスクールやサイトは、ぜひこちらを参考にしてみてください!

データサイエンティスト スクール
【徹底比較】データサイエンティストのための学習ができるスクール9選! スクール名 オススメ度 価格の安さ サポート体制 公式サイト テックアカデミー ...
スタビジアカデミーでデータサイエンスをさらに深く学ぼう!

スタアカサービスバナースタビジのコンテンツをさらに深堀りしたコンテンツが動画と一緒に学べるスクールです。

プレミアムプランでは私がマンツーマンで伴走させていただきます!ご受講お待ちしております!

スタビジアカデミーはこちら