多変量解析

コレスポンデンス分析とは?Rでのやり方を見ていこう!

こんにちは!消費財メーカーでデジタルマーケティングに携わっているウマたん(@statistics1012)です!

多変量解析手法の1つでありアンケート調査の可視化などに使われる「コレスポンデンス分析」

コレスポンデンス分析は、データの可視化に非常に優れた手法であり、マーケティングの場でよく使われます。

この記事では、そんなコレスポンデンス分析についてRでの実装も含めて見ていきましょう!

Rを使えば、コレスポンデンス分析を簡単に実装できるんだ!

コレスポンデンス分析とは

まずは、コレスポンデンス分析について見ていきましょう!

コレスポンデンス分析は、商品・サービスの特徴を可視化するのに優れた分析手法であり、マーケティングにおける調査に良く使われます。

多変量解析における数量化3類と考え方はほぼ同じです。

例えば、新たに化粧品の商品開発を行い競合とのイメージを比較したい時に消費者に対して以下のような項目を回答してもらいます。

しっとり 安心感 持ちの良さ 香りの良さ
自社製品
競合A
競合B

これらの点数を基に自社製品は消費者にとってどのようなイメージを持たれているのかを簡単に可視化することが可能なのです。

以下イメージ図です。

このように簡単にマッピングして、分かりやすく自社製品の特徴を捉えることができるのです。

コレスポンデンス分析をRで実装してみよう!

それでは、早速コレスポンデンス分析をRで実装してみます。

コレスポンデンス分析は、非常に簡単に実装できちゃうんです。

使用するデータは、統計科学研究所の「成績データ」。以下のURLからダウンロードできます。

https://statistics.co.jp/reference/statistical_data/statistical_data.htm

kokugo shakai sugaku rika ongaku bijutu taiiku gika eigo
30 43 51 63 60 66 37 44 20
39 21 49 56 70 72 56 63 16
29 30 23 57 69 76 33 54 6
95 87 77 100 77 82 78 96 87
70 71 78 67 72 82 46 63 44
67 53 56 61 61 76 70 66 40
29 26 44 52 37 68 33 43 13

9科目の点数が166人分入ってます。

166人から30人抽出してコレスポンデンス分析にかけてみます。

コレスポンデンス分析はMASSパッケージのcorrepという関数で行うことが可能です。

コードは以下のように非常に簡単に実装が可能なんです。

最後の行で、結果をプロットしています。

音楽と英語が他の科目と少し離れていることが分かります。

これにより、科目同士の近さや生徒の強い科目などが可視化することができました。

実装自体非常に簡単なので、色んなデータセットで試してみてください!

コレスポンデンス分析 まとめ

コレスポンデンス分析について見てきました。

市場調査などでよく使われるコレスポンデンス分析は非常に便利な手法なので、是非使ってみてください。

以下の書籍でコレスポンデンス分析と同じ数量化3類に関して詳しくまとめているので良ければ参考にしてみてください!

コレスポンデンス分析をはじめとする多変量解析のオススメ本は以下にまとめています!

厳選5冊!多変量解析を勉強する上でおすすめな本!こんにちは!デジタルマーケターのウマたん(@statistics1012)です! ある程度統計学に関する基礎土台がついてきた後は、...