おすすめサービス

画像生成AIの仕組み・手法とおすすめサービス10選を紹介!

image_generation_ai
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
ウマたん
ウマたん
当サイト【スタビジ】の本記事では、画像生成AIについて紹介します。画像生成AIの仕組みからその手法、おすすめのサービスまで徹底的に解説していきます!本記事を読んで画像生成AIに触れていきましょう!

こんにちは!スタビジ編集部です!

最近、”画像生成AI“の技術が発達したことで、高品質な画像を簡単に何枚でも作成できるようになりました。

一方で、画像生成AIのことをあまり知らず、専用のWebサイトやアプリを使っていない方もいるのではないでしょうか。

画像生成AIの仕組みが気になる・・・
おすすめの画像生成AIのサービス・サイトが知りたい!

今回は、このような悩みを持つ方に向けて画像生成AIの仕組み・手法やおすすめサービスを分かりやすく解説します。

・画像生成AIとは?
・画像やイラストが生成される仕組み・手法
・おすすめの画像生成AIサービス・サイト
・画像生成AIの利用シーン
・画像生成AIを利用する際の注意点

ウマたん
ウマたん
画像生成AIについて理解して活用していこう!

ちなみに生成AIについてマスターしたいのであれば当メディア運営サービス「スタアカ」の「大規模言語モデル(LLM)・生成系AI」がおすすめ!

ウマたん
ウマたん
画像生成AIの仕組みやChatGPTに代表される大規模言語モデルについて実践を用いて解説!

画像生成AIとは?

image_generation_ai

画像生成AI」とは、人工知能の一種で、特定の指示に基づき新たな画像を生成する能力を有するAIです。

単純な形状から、人間の顔、風景、さらには抽象的なアートまで、幅広い種類の画像を生成できます。

例えば「リンゴの絵を描いて」と言うと、綺麗なリンゴの絵を描いてくれます。

image_generation_ai

絵を描くスキルがなくても、プロが描いたような画像を生成することが出来ます。

画像生成AIの特徴は、以下の5つです。

1.写真やイラスト、アニメ画などさまざまな画像を作成可能
2.無料・オープンソース化されたものが多い
3.数秒〜数分で画像を生成できる
4.新しいアイデアを生み出してくれる
5.スキルがなくてもコンテンツ作成ができる

特徴1.写真やイラスト、アニメ画などさまざまな画像を作成可能

画像生成AIの特徴として、「写真やイラスト、アニメ画など異なった種類の画像をブラウザ上で作成」できます。

写真のようにリアルなものからアニメーションやイラストのようなスタイルのものまで、思い描くあらゆるものを描き出すことが可能です。

また画像生成AIは、専用のツールをダウンロードすることなく、ブラウザ上でアカウントを作成すれば利用できるものが多いので、簡単に画像作成を試せます。

ウマたん
ウマたん
写真からイラストまでいろんなスタイルの画像を作ることができるんだね!

特徴2.無料・オープンソース化されたものが多い

画像生成AIは、「無料・オープンソース化されたものが多い」ことが特徴です。

そのため試しに複数のツールを使ってみて、本格的に使いたいものが出てきたら、有料会員になって利用できます。

またオープンソースとして公開されているツールは、コードを見たり、改良することが出来ます。

そのため、有志の開発者が作ったより高機能なツールを利用したり、自分なりに画像生成AIを作ってスキルを身につけていきましょう。

ウマたん
ウマたん
画像生成AIは無料で利用できるものも多い!いろいろ触ってみてスキルを伸ばしていこう!

特徴3.数秒〜数分で画像を生成できる

画像生成AIの画像は、「数秒〜数分で生成すること」が可能です。

高速で処理してキーワードから画像を生成してくれるため、想像と違う画像が生成されても条件を変えてやり直すことが簡単に出来ます。

ウマたん
ウマたん
画像生成に時間がかからないから、何度も試行錯誤することが出来る!

特徴4.新しいアイデアを生み出してくれる

画像生成AIは、私たちが思いつかないような「新しいアイデアを提供」してくれます。

たとえば、想像が難しい”飛ぶパンケーキ”のような奇妙なリクエストにも対応して、画像を生成してくれます。

image_generation_ai

そのため、新しいデザインやアイデアを考えるときのインスピレーション源となります。

ウマたん
ウマたん
キーワードに応じた画像を頑張って生成してくれるから、想像以上のアイデアがもらえるかも!

特徴5.スキルがなくてもコンテンツ作成ができる

画像生成AIは、プロのアーティストの技術や経験がなくても、「プロが描いたような画像を作成」できます。

キーワードを入力するだけでオリジナルの画像を作成できるため、誰でも自分のアイデアをビジュアル化することが可能です。

ウマたん
ウマたん
スキルがなくても自分のイメージを具現化できるので、出来ることが広がるね!

画像やイラストが生成される仕組み・手法5つを紹介!

image_generation_ai

画像生成AIは、「画像やイラストが生成される仕組み・手法」は、どのツールも同じではなく、それぞれのツールによって画像生成の仕組み・手法が異なります。

そのため、生成される画像の仕上がりもツールによって変わってくる場合が多いです。

画像生成AIの仕組み・手法は、主に以下の5つがあります。

1.GANs(敵対的生成ネットワーク)
2.VAE(変分オートエンコーダ)
3.DALL・E
4.TransGAN
5.StyleGAN

では、それぞれの手法の理論・仕組みについて見ていきましょう。

1.GANs(敵対的生成ネットワーク)

GANs」とは、敵対的生成ネットワークのことを指し、二つのネットワークが競争しながら学習を進めていく方法で画像を生成します。

画像を作り出す”生成ネットワーク“とその画像が本物か偽物かを判断する”判別ネットワーク“の二つが相互に影響を与えながら進行する仕組みです。

相互に競争してよりよい画像を生成しあい、生成ネットワークはよりリアルな画像を生成し、判別ネットワークは本物と偽物の区別をより正確に行う能力を発揮します。

ウマたん
ウマたん
片方が画像を生成してもう片方がそれを見極めることで精度を高めていくんだね!

GANについて詳しくは以下の記事で解説しています!

GAN
GAN(敵対的生成ネットワーク)について分かりやすく5分で解説!DALL-EやStable Diffusionとの違いは? こんにちは! データサイエンティストのウマたん(@statistics1012)です! この記事では、GAN...

2.VAE(変分オートエンコーダ)

VAE」は、画像データ(エンコーダ)をより少ない情報量で表現し、元のデータをデコーダで再構成できる手法です。

具体的には以下の手順で画像を生成します。

1.画像データ(エンコーダ)を潜在変数にする
2.潜在変数をデコーダーで画像を生成する
3.生成された画像が完成する

VAEは、元のデータから学習したパターンを保持しながら新しいデータを生成するため、生成データと元のデータが似ているのが特徴です。

ウマたん
ウマたん
学習済みのデータから特徴量を分析して新たな画像を生成するんだね!

3.DALL・E

DALL・E」は、テキストの指示に従ってイラスト画像を生成するAIです。

自分が生成してほしい画像の特徴をテキストにして入力すると、テキスト内容に対応する画像を生成できます。

DALL・Eは数百万のイラストとテキストを学習しているため、特定の要求に応じた具体的なイラスト画像を生成する際に便利な手法です。

ウマたん
ウマたん
学習データから画像を生成する点でVAEに近いモデル!文字から画像を生成できる所が画期的だね!

DALL・Eに関しては以下の記事で詳しく解説しています!

DALLE2
OpenAIが開発したDALL・E(ダリ)2の使い方と仕組みを解説!当サイト【スタビジ】の本記事では、OpenAIが開発したDALL・E(ダリ)2の使い方と仕組みについて解説していきます。DALL・E(ダリ)2はテキストから非常に高精度な画像をアウトプットしてくれる生成系AIのモデルです。DALL・E(ダリ)2を理解する上ではCLIPと拡散モデルという技術をおさえておくことが重要です。...

4.TransGAN

TransGAN」は、トランスフォーマーというディープラーニングの手法を用いた手法です。

トランスフォーマーは自然言語の処理に用いられるモデルで、Attention“というモデルを用いて、データ間の関連性を捉えます。

TransGANではトランスフォーマーが画像データに適用され、画像の各部分がどの程度他の部分と関連しているかを理解し、画像を生成することが可能です。

ウマたん
ウマたん
トランスフォーマーを利用すると、より高品質な画像が生成できる!

トランスフォーマーやAttentionについては下記の記事で詳しく解説しているので、チェックしてみてください。

Transformer
TransformerをAI進化の流れと共にわかりやすく解説!Attention層に至るまで当サイト【スタビジ】の本記事では、昨今のAIブームのベースとなっているTransformer(トランスフォーマー)について簡単に解説していきたいと思います!Transformerはディープラーニングの進化をブレークスルーさせた技術なんです...

5.StyleGAN

StyleGAN」は、GANsの一種で、画像のスタイルを制御しながら画像を生成できる手法です。

“スタイル”とは、色合いや筆跡などの表現の特徴のことで、制御することによって特定のスタイルを持つ画像の生成が可能になります。

StyleGANは、生成される画像の”スタイル”や”外観”を制御するため、下記2つのステップを含んでいるのが特徴です。

  • スタイル変換:低レベル(色彩やテクスチャ)から学んだ後、高レベル(全体の構造)の画像を学び、画像のスタイルを制御
  • ノイズ注入:画像に細かなバリエーションを加えて、よりリアルな出力を作り出す仕組み

“スタイル変換”と”ノイズ注入”の組み合わせにより、StyleGANは非常に高品質な画像を生成できます。

ウマたん
ウマたん
段階的に解像度を上げていくことでより高品質の画像を生成できるんだね!

おすすめ画像生成AIサービス・サイト10個

image_generation_ai

画像生成AIについて知識を深めたところで、「おすすめのサービス・サイト」を紹介していきます。

興味があるものはぜひ利用してみてください。

1.Stable Diffusion

image_generation_ai

Stable Diffusion」は、2022年にリリースされた画像生成AIサービスで、テキストの説明に基づいてきめ細かい画像を生成することが可能です。

主な使用方法1.Stable Diffusionのモデルをダウンロード
2.画像イメージをテキストで入力して画像を生成する
生成画像の権利・自由に使用可能・商用利用も可能
・人に危害を与える内容やImg2img、追加学習モデルの商用利用はNG

画像の補完や拡張、テキストプロンプトに従った画像間の変換など、他のタスクにも適用でき、汎用性に優れています。

Stable DiffusionにはVAEの手法が用いられており、鮮やかで鮮明度が高く、よりリアルな雰囲気の画像を生成できます。

ウマたん
ウマたん
テキスト入力で簡単に画像を生成できる!画像のスタイルも選択出来て使いやすい!

stable-diffusion」の使い方は以下の記事で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

Stable Diffusionサムネ
Stable Diffusionの使い方や仕組み・特徴について分かりやすく解説!当サイト【スタビジ】の本記事では、画像生成系AIとして話題のStable Diffusionの使い方や仕組み・特徴について解説していきたいと思います。画像生成系AIのStable Diffusionを理解して画像生成系AIの流れに乗り遅れないようにしましょう!...

また、Stable Diffusionの使い方やプロンプトエンジニアリングの方法を詳しく解説したコース「画像生成系AI「Stable Diffusion」の使い方や画像生成のテクニックをPythonやAPIを使って学ぼう!」をUdemyで公開しておりますので興味のある方はチェックしてみてください!

StableDiffusion

2.Bing Image Creator

image_generation_ai

Bing Image Creator」は、ユーザーがテキストプロンプトを入力するだけで指示に合わせた画像を生成するサイトです。

主な使用方法1.Windows 10 および Windows 11 デバイスの Microsoft アカウントでサイトにアクセスする
2.テキストプロンプト(英語)を入力して画像を生成する
生成画像の権利・ユーザーに対して著作権の放棄や譲渡を求める記載はなく、画像をMicrosoftが利用・削除できる
・商業利用を明示的に許可する文言がないため、Microsoftに問い合わせする必要がある

例えば、”夕日の下で走る馬”などのプロンプトを入力すると、背景に夕日が見えるところで馬が走るシーンを描いた画像が生成されます。

image_generation_ai

DALL・Eの後継モデルであるOpenAIの画像生成AI「DALL・E 2」を利用して作成されており、初心者から専門家まで、誰でも使いやすい画像生成AIです。

ウマたん
ウマたん
入力した内容を高精度で画像に反映してくれる!アイデアを生み出すのにぴったり!

3.Canva

image_generation_ai

Canva」のAI画像生成機能は、テキスト入力、イラストのタッチ選択、縦横比の設定をするだけでユニークな画像を生成できます。

主な使用方法1.Canvaのサイトにログインして画像生成機能にアクセスする
2.テキスト入力、イラストのタッチ選択、縦横比を設定して生成する
生成画像の権利・無加工でなければ商用利用可能
・商標登録はできない

生成された画像はCanvaのクラウドストレージに保存され、いつでもアクセスすることが可能です。

ウマたん
ウマたん
Canvaでイラスト作成するときに足りないイメージを補完できる!

4.Visual ChatGPT

image_generation_ai

Visual ChatGPT」は、OpenAIによって開発されたAI画像生成ツールで、ユーザーとの対話を通じて画像を生成できるサービスです。

主な使用方法質問を入力すると画像を生成して回答する
生成画像の権利・利用規約に沿った画像であれば商用利用が可能
・原作と類似する場合は侵害と認定される可能性がある

Visual Foundation Models(視覚基盤モデル)を自然言語による文章生成モデルのChatGPTから用いて画像加工を行う仕組みです。

ユーザーが具体的なイメージを持っていない場合や、アイデアをさらに具体化したい場合に特に役立ちます。

ウマたん
ウマたん
対話形式で画像を生成できるサービス!

ChatGPTについては以下の記事で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

GPT1,2,3,4
GPT-1→GPT-2→GPT-3→GPT-3.5→ChatGPT→GPT-4までの進化の軌跡と違いをまとめてみた当サイト【スタビジ】の本記事では、昨今のAIの進化のきっかけになっているGPTシリーズについてまとめていきたいと思います。GPT-1から始まりGPT-2、GPT-3、そしてChatGPTであるGPT-3.5、GPT-4と進化してきました。この進化の軌跡と違いについて解説していきます。...

5.StableStudio

image_generation_ai

StableStudio」は、AI画像生成に特化したオープンソースのウェブアプリのサービスです。

主な使用方法1.パソコンにNode.jpとYarnをインストール
2.起動するコマンドを実行
3.ブラウザでlocalhost:3000にアクセスして画像生成する
生成画像の権利・MITライセンスのものとで配布されているものは商用利用可能
・著作権の表示とMITライセンスの表示が条件

StableStudioは、オープンソースのため、コミュニティの開発者が自由に改良したり、実験したりできる環境を提供しています。

テキストから画像生成を行うだけでなく、Outpaintingという画像の続きを描くことも可能です。

ウマたん
ウマたん
画像生成AIの中身を理解したい人におすすめのサービス!

6.Generated Photos

image_generation_ai

Generated Photos」は、AIを活用して顔写真を生成するサービスです。

主な使用方法1.サイトにアクセスする
2.画像をアップロードする
3.元の画像にそっくりな画像を生成する
4.自分で加工する
生成画像の権利・Freeプランは、個人利用のみで商用利用はできない(ネット上に載せる際にはリンクと引用元の表示が必要)
・サブスクプランでは、月15枚まで商用利用可能(引用元の表示も不要)

ユーザーがアップロードした顔写真に基づき、AIがリアルでそっくりな人間の顔の画像を生成します。

性別や表情、肌の質感、髪の毛など詳細まで編集することが可能です。

ウマたん
ウマたん
顔写真の生成に特化したサービス!高品質で見分けがつかない!

7.Artbreeder

image_generation_ai

Artbreeder」は、異なる画像を組みあわせて新しい画像を生成できる画像生成AIです。

主な使用方法1.サイトにアクセスして画像をアップロードする
2.ベースの画像が作られる
3.パラメーターを設定する
4.要望に近い画像を生成する
生成画像の権利商用利用可能(Artbreederに似た画像を共有する場合はURLを引用する必要がある)

Artbreederでは、GANsの手法が利用されており、調整次第で表現が難しい画像も忠実に再現することが可能です。

元となる画像と他の画像を組み合わせたり、人種や性別、年齢などを変更して新しい画像を生成できます。

ウマたん
ウマたん
画像を組みあわせて新しい画像を作成してくれるサービス!いろんな組み合わせを試してみよう!

8.AIピカソ

image_generation_ai

AIピカソ」は、複数の画像をアップロードしてAIに学習させて新しい画像を生成できる画像生成AIです。

主な使用方法1.アプリを起動する
2.AIアバタータブから始めて10〜20枚の写真をアップロードする
3.AIが学習して画像を生成する
生成画像の権利・ライセンスを明記すると商用利用可能
・生成された画像データの著作権はStable Diffusionの規約に従う

Stable Diffusionと同じVAEの手法を用いて開発されており、10〜20枚の画像をアップロードするとAIがアバターを作成してくれます。

ウマたん
ウマたん
スマートフォンからも気軽に利用できる画像生成アプリ!

9.SNOW(AIアバター)

image_generation_ai

SNOW(AIアバター)」は、アップロードした複数の画像をあわせてAIが画像生成するアバターを提供するサービスです。

主な使用方法1.アプリを起動する
2.AIアバタータブから「アバターを作成」をタップ
3.10〜20枚の写真をアップロードする
4.AIが学習して画像を生成する
生成画像の権利商用利用する場合は問い合わせする必要があります
ユーザーが知的財産権、その他の権利を保有する

10種類のスタイルでリアルに見えるアバターや水彩画のようなアバターなどを作成できます。

髪色や目の色、顔の詳細な特徴も指示した通りに設定でき、理想のアバター画像を作成することが可能です。

ウマたん
ウマたん
画像編集と組みあわせて自分の理想のアバターを作成できるアプリ!

10.Midjourney

image_generation_ai

Midjourney」とは、Discordでテキストを入力すると入力内容に適した画像を生成するサービスです。

主な使用方法1.Discordに登録・ログインする
2.Midjourneyの公式サイトにアクセスする
3.Midjourneyから招待を受ける
4.「NEWCOMER ROOMS」をクリック
5.「newbies-〇〇」のチャットルームに入る
6.キーワードを入力して画像生成する
生成画像の権利・著作権はクリエイティブ・コモンズ・ライセンスに従う必要がある
・商用利用も禁止されている(有料版は商用利用可能)

高品質で画像が約1分の早さで生成されるため、人気の画像生成AIとなっています。

リアルファンタジー系やサイバーパンク系など現代風のイラストも生成でき、美しい画像を求める方におすすめのサービスです。

ウマたん
ウマたん
Discordと連携した画像生成AIサービス!作った画像を友達と共有しやすいのも魅力だね!

Midjourneyについては以下の記事で詳しく解説しています。

midjourney
Midjourney(ミッドジャーニー)の使い方4STEPと生成のコツ3つ当サイト【スタビジ】の本記事では、Midjourney(ミッドジャーニー)ついて解説していきます。テキストの説明文から画像を生成するAIであるMidjourney!使い方や画像生成のコツを理解して、自分アイデアを画像にしていきましょう!...

画像生成AIの利用シーン4つ

image_generation_ai

ここで「画像生成AIの主な利用シーン」について紹介していきます。

画像生成AIは主に以下の4つの場面で活用できます

1.Webサイトのコンテンツ制作
2.ゲーム制作
3.SNSアイコンのデザイン
4.営業資料の挿絵に利用する

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.Webサイトのコンテンツ制作

画像生成AIは、「Webサイトのコンテンツ制作」で役立ちます。

例えば、ブログ記事や商品ページで必要な画像を、特定のキーワードや説明文に基づいて画像生成AIが生成させることが可能です。

自分で一から画像を作成するよりも、内容にぴったり合ったオリジナルの画像を短時間で作り出せます。

ウマたん
ウマたん
Webサイトでちょっとしたイメージを差し込みたい時に画像生成AIは便利!

2.ゲーム制作

ゲーム制作の場面」でも、画像生成AIを利用することが可能です。

AIに概念やテーマを指定するだけで、指示に基づいた一連の画像を複数生成して利用できます。

特に大量の背景やキャラクター、アイテムのデザインが必要な場合、AIがデザインを作成したり、アイデアを提供してくれるため、クリエイターの作業量を軽減してくれます。

ウマたん
ウマたん
大量に画像が必要な場面に画像生成AIを使うことで、重要な所にクリエイターの作業を集中できる!

3.SNSアイコンのデザイン

SNSアイコンのデザイン」を作成する際にも画像生成AIは活用できます。

自分だけのオリジナルアイコンを作りたいけれど、デザインスキルがない
自分にピッタリのアイコンを作りたい!

上記のような人でも、画像生成AIを使えば簡単にアイコンを作成できます。

好きなテーマや色、スタイルを指定することで、自分だけのアイコンを作ることが可能です。

ウマたん
ウマたん
画像生成AIを使って自分だけのオリジナルアイコンを作れる!

4.営業資料の挿絵に利用する

画像生成AIは、「営業資料の挿絵」にも利用可能です。

難解なデータや概念を視覚的に表現するための図やイラストを生成する際に、画像生成AIを活用できます。

画像生成AIで資料に必要な画像を作成すると、資料がより分かりやすくて魅力的になり、クライアントの理解や興味を引き出すのに役立ちます。

ウマたん
ウマたん
画像生成AIで可視化することで、視覚的に分かりやすい資料が作成可能に!

画像生成AIを利用する際の注意点3つ

image_generation_ai

とても便利な画像生成AIですが、「利用する際には注意しなければいけないポイント」があります。

1.著作権の問題
2.品質が安定しない場合がある
3.フェイク画像の悪用

これらの注意点を押さえておき、画像生成AIを利用していく中で問題や違法行為を起こさないようにしましょう。

1.著作権の問題

画像生成AIを利用する際には、「著作権の問題」が発生する可能性があります。

AIが生成した画像が既存の著作物を無意識に模倣した結果、著作権侵害となる場合があります。

そのため商用利用する際には、使用する画像の法的な条件を確認し、不明確な場合には画像生成AIの運営会社に問い合わせしたりしましょう。

画像生成する元の画像にも著作権の有無を確認する必要があるので、違法行為にならないように画像・サービス・サイトなどすべての利用条件を確認しておきましょう。

ウマたん
ウマたん
生成した画像だけでなく、元の画像にも著作権があるので、注意しよう!

2.品質が安定しない場合がある

画像生成AIは、画像を誰でも簡単に作成できる便利なツールですが、「品質は常に安定しているわけではない点」に注意が必要です。

生成モデルの都合上、同じ文章で指示した場合でも、生成される画像が毎回異なる可能性が高いです。

またサービス・サイトによっては、ユーザーの期待に完全に応える画像を生成することが、現状の技術では難しい場合もあります。

そのため、画像生成AIを利用する場合は完璧な結果を求めるのではなく、ある程度許容範囲を設定することが大事です。

ウマたん
ウマたん
自分の意図しない画像が生成される場合は、後で他のツールで画像編集して補完していこう!

3.フェイク画像の悪用

画像生成AIの能力が向上するにつれて、「フェイク画像の作成と悪用のリスク」が増大する可能性があります。

AIによってリアルな人物の顔や、存在しない場所の画像を生成することが出来るので、不正行為や詐欺、プライバシー侵害などの問題が生じる場合があります。

AIを利用する際には、倫理的なガイドラインを尊重し、技術の悪用を防ぐことを全ユーザーが理解することが大切です。

ウマたん
ウマたん
興味本位でやったことが取り返しのつかないことにつながるので、画像生成AIは適切に利用しよう!

画像生成AI まとめ

画像生成AIの技術やサービスについて解説していきました。

画像生成AIの特徴は以下です。

1.写真やイラスト、アニメ画などさまざまな画像を作成可能
2.無料・オープンソース化されたものが多い
3.数秒〜数分で画像を生成できる
4.新しいアイデアを生み出してくれる
5.スキルがなくてもコンテンツ作成ができる

画像生成AIを適切に活用して、新しいコンテンツを作っていきましょう。

ウマたん
ウマたん
スキルがなくても自分のイメージを具現化できる画像生成AI!ぜひいろいろ触ってみてアイデアを膨らましていこう!

生成AIに興味がある方は当メディア運営サービス「スタアカ」の「大規模言語モデル(LLM)・生成系AI」がおすすめ!

スタアカは業界最安級のAIデータサイエンススクールです。

スタアカトップ
【価格】ライトプラン:980円/月
プレミアムプラン:98,000円
【オススメ度】
【サポート体制】
【受講形式】オンライン形式
【学習範囲】データサイエンスを網羅的に学ぶ
実践的なビジネスフレームワークを学ぶ
SQLとPythonを組みあわせて実データを使った様々なワークを行う
マーケティングの実行プラン策定
マーケティングとデータ分析の掛け合わせで集客マネタイズ
生成AIの概要を解説
GPTの概要とPythonによる利用
画像生成系AIのStable DiffusionをPythonで実装

・Transformerについて解説
・GPTの概要とPythonによる実装
・画像生成系AIのDALL・EのAPIを呼び出して利用
・画像生成系AIのStable DiffusionをPythonで実装

AIに意図したアウトプットを出してもらうために、適切にテキストで指示するスキル”プロンプトエンジニアリング”について、以下の記事で解説しているので参考にしてみてください。

プロンプトエンジニアリング
プロンプトエンジニアリングのコツや例文をまとめていく!テキスト版と画像版!当サイト【スタビジ】の本記事では、最近話題の生成系AIのアウトプットをハンドリングするのに大事なプロンプトエンジニアリングについてまとめていきます。AIに対する指示文をプロンプトと言いますが、このプロンプトが筋の良いアウトプットを出す上で非常に重要なのです。...
スタビジアカデミーでデータサイエンスをさらに深く学ぼう!

スタアカサービスバナースタビジのコンテンツをさらに深堀りしたコンテンツが動画と一緒に学べるスクールです。

プレミアムプランでは私がマンツーマンで伴走させていただきます!ご受講お待ちしております!

スタビジアカデミーはこちら