おすすめ書籍

厳選5冊!伝統的な統計学を学ぶ上でおすすめな本!

ウマたん
ウマたん
当サイト【スタビジ】の本記事では、フィッシャーやピアソンらが作り上げてきた伝統的な統計学を学ぶ書籍を紹介していきます。マセマや漫画版など分かりやすい書籍でまずは勉強すると良いでしょう!この領域は退屈な内容も多いのでいきなりお堅い書籍に挑戦するとモチベーション続きません。

こんにちは!

統計学を勉強する上で土台となる伝統的な統計学の知識。

もともと統計学と言うと伝統的な統計学を指していたのですが、ベイズ統計学が昨今台頭してきたため、便宜的に伝統的な統計学と呼ぶことにします。

この記事では、統計学を勉強していく上での基礎・土台となる伝統的な統計学を勉強するのにオススメの本をご紹介します!

なぜ伝統的な統計学が必要か

 

伝統的な統計学の原点は、国の人口や経済状況を把握するために行われた調査。

17世紀頃から現代の統計学のルーツになる様々な調査が行われるようになり、いわゆる統計学時代の幕開けとなるのです。

この時代で有名なのは、ハレー彗星の軌道計算で知られる「エドモンド・ハレー

ハレーは、人間の死亡年齢の統計的解析を行い、保険業界の発展に寄与した人間。

現代の保険業界では、このような解析を行うアクチュアリーという資格を取った人を抱えており、日々高度な計算のもと様々な保険商品が生まれています。

19世紀になると、数学者として有名なフェルマーやラプラスによって確率論が確立され、統計学の基礎になりました。

この頃、ガウスによって統計学の土台である正規分布(ガウス分布)が提唱されたことも有名です。

これらの研究を基礎として記述統計学は完成を迎えることになります。

20世紀に入ると、フィッシャーやピアソンによる推計統計学の研究が進みます。

記述統計学はデータをどう表現するかの学問でしたが、必要なデータが全て揃っているとは限りません。

例えば、視聴率を測るために全家庭のTV使用状況を調べるのは現実的ではありませんよね?

そこで生まれたのが、サンプルをランダムに抽出してそのサンプルの統計値を全集団(母集団と呼ぶ)の推定値として用いるという考え方。

この推計統計学の発展によって、未知なる事象に対する様々な推定が出来るようになったのです。

ただ、この推計統計学は確率分布が前提に立っており応用が利かない部分もあります。そこで発展したのがベイズ統計学。

現在流行りのベイズ統計学は伝統的な統計学と比較されることが多く、機械学習手法などのアルゴリズムに組み込まれているため、伝統的な統計学が軽視されがちですが統計学全般を学ぶ上で非常に重要な知識となるので早めに勉強しておきましょう!

記述統計の知識はもちろんのこと推計統計もしっかり理解してはじめてベイズ統計学を学ぶべきです。

伝統的な統計学をもっと深く知りたい方は以下の記事をご覧ください!

統計学とは?当サイト【スタビジ】の本記事では、統計学について徹底的にまとめていきます。統計学の歴史・統計学で使われる手法・統計学に必要なプログラミング言語などを詳しく紹介していきますよー!この機会に統計学をしっかり理解しておきましょう!...

伝統的な統計学 おすすめ本

それでは早速おすすめの書籍を5冊紹介します!

完全独習 統計学入門

非常にやさしく分かりやすく、統計学に関して教えてくれます。

統計学を勉強する上での初歩の初歩として非常に有用な良本です。

統計学を本当に初めて学ぶ上ではこちらから入ると良いでしょう!

マンガでわかる統計学 素朴な疑問からゆるーく解説

こちらも、完全独習と同じく非常に分かりやすく統計学について教えてくれます。

マンガでわかるシリーズは数々出ていますが、これが一番分かりやすいです。

入門統計解析法

少し、話は高度になり数式なども出てきますが、基本的に高校レベルの数学ができれば問題なく理解できるレベルです。

完全独習 統計学入門で統計学のイメージをつかんだあとはこちらの本で理論の理解を深めましょう。

入門レベルから中級レベルまでの橋渡しとして有用な本です。

演習統計学キャンパス・ゼミ

やはりマセマの本は分かりやすいです!

イメージをつかんだ後での数式展開における理解を深めるのにうってつけの内容になっています。

アカデミックな書籍は、基本的に数式展開における説明が簡略されており数式展開についていけない場合があります。

マセマの書籍はどれも大学生向けに作られたもので非常に分かりやすく丁寧に数式展開を説明してくれます。

一度目を通しておくと良いでしょう!

統計学入門(基礎統計学)

東大出版から出ている名著です。

赤本と呼ばれ慣れ親しまれています。レベル的には中級者~上級者で、1冊持っておくと、なにかと便利な1冊です!

全部読破しようとするのではなく、あくまでつまみ食い的に気になるところを拾い上げ、あとは逆引き辞典のように使うと良いでしょう。

伝統的な統計学オススメ本 まとめ

伝統的な統計学についてまとめてきました。

検定・推定のところで統計めんどくさっとなってしまう方も多いのですが、後々重要になってくる考え方なので是非マスターしておくべきです。

統計学全般のオススメ書籍に関しては以下の記事で取り上げていますので合わせてご覧ください!

書籍
厳選32冊!統計学を勉強する上でおすすめな本当サイト【スタビジ】の本記事では、統計学のおすすめ書籍を分野別に徹底的にまとめていきます!統計学は難しいイメージがあるかもしれませんが学び方を間違えなければ大丈夫。悪書に当たると一気に挫折してしまうので気を付けてください。ここで紹介する書籍はどれも良本なので安心してくださいね!...

また統計学の勉強法は以下の記事を参考にしてみてください!

統計学入門に必要な知識と独学勉強方法を簡単に学ぼう!当ブログ【スタビジ】の本記事では、統計学入門に必要な知識をカンタンにまとめ、それらをどのように効率的に独学で勉強していけばよいかをお話ししていきます。統計学は難しいイメージが少しありますが、学び方をしっかり考えれば大丈夫!...
Pythonを初学者が最短で習得する勉強法

Pythonを使うと様々なことができます。しかしどんなことをやりたいかという明確な目的がないと勉強は捗りません。

Pythonを習得するためのロードマップをまとめましたのでぜひチェックしてみてくださいね!