プログラミングスクール

Code Camp(コードキャンプ)の評判・口コミを徹底解説!

CodeCamp
ウマたん
ウマたん
当サイト【スタビジ】の本記事では、プログラミングスクールのCodeCamp (コードキャンプ)の評判と口コミについてまとめていきます!メリット・デメリットに関しても詳しく解説していきますよ!ぜひプログラミングスクール選びの参考にしてくださいね!

こんにちは!

この記事ではプログラミングスクール「CodeCamp(コードキャンプ)」について徹底的にレビューしていきます!

様々なプログラミングスクールが乱立しているためプログラミングスクール選びは本当に悩みますよね・・・

そんな中でもCodeCampは、 大手が展開する業界最大手の人気プログラミングスクール。

この記事では、そんなCodeCampについて徹底的に見ていきますよ!

CodeCampの特徴

codecamp

公式サイト:https://codecamp.jp/

【価格】2か月間 178,000円
【オススメ度】
【サポート体制】
【受講形式】オンライン形式

CodeCampは、Future Architectでお馴染みのフューチャー株式会社の子会社です。

東証一部上場企業の子会社ということで非常に信用ができるプログラミングスクールになっています。

法人研修にも用いられていて、以下にあるように非常に多くの企業が導入しているのが特徴です。

codecamp引用:https://codecamp.jp/

そんな、CodeCampには以下のコースがあります。

コース名学ぶ範囲価格
WebマスターコースHTML,CSS,Javascript,PHP,SQLを用いたWebサイト2ヶ月 148,000円
デザインマスターコースHTML,CSS,Javascript,Illusrator,photoshop,Bootstrap2ヶ月 148,000円
RubyマスターコースHTML,CSS,Javascript,Rubyを用いたWebサービス2ヶ月 148,000円
アプリマスターコースSwift,Javaを用いたアプリ開発2ヶ月 148,000円
JavaマスターコースJavaを用いたWebアプリケーションの開発スキルを基礎から実践2ヶ月 148,000円
PythonコースPythonを用いた基本的な分析・自動化2ヶ月 148,000円
WorldpressコースWordPressを用いたWebサイト作成2ヶ月 148,000円
プレミアムコース全てのコースを受け放題2ヶ月 248,000円
プレミアムプラス全てのコースを受け放題+マンツーマン受け放題2ヶ月 398,000円

ご覧のように様々なプログラミング言語を幅広く学ぶことができます。

費用に関しては、コースの価格とは別で入会金が3万円かかります。

最後の2つプレミアムコースとプレミアムプラスは少々特殊なコースになっており、

プレミアムコースが期間内であれば全てのコースを受講できるコース

プレミアムプラスがさらにそれに加えて無制限でメンターとのマンツーマンレッスン受け放題のコースになっています。

その分、価格は高いですがしっかり受講時間を確保出来る方は短期間でプレミアムコースもしくはプレミアムプラスを受講してみるのも一つの手です。

CodeCampの評判・口コミ

Mobile Marketing

それでは続いて、CodeCampの評判と口コミについて簡単に見ていきましょう!

CodeCamp の良い口コミ

まずは良い口コミから!


あらかじめ無料相談しておくことで、しっかり自分の向かいたいロードマップとのすり合わせが可能なのは素晴らしいですよね!

CodeCampは、マンツーマンのレッスンをしてくれるメンターが現役のエンジニアで非常に厳しい条件をクリアしているので非常に信頼できます。


CodeCamp の課題ではがっつり開発をおこなっていくことになります。

メンターの方へ対面相談を7時〜24時の時間で受け付けています。

CodeCamp の悪い口コミ

それほどCodeCamp の悪い口コミは見当たらないのですが、いくつかピックアップしてみました。


プログラミングスクールは自分のお尻に火を付けるのに有用ですが、それだけでおんぶにだっこでプログラミングが出来るようになるわけではありません。

自分のモチベーションを高めて積極的にプログラミングスクールを使い倒す意識が非常に大事です。

プログラミングスクールの良さは現役エンジニアの考え方を直接聞けることや分からないことがあったときに直接聞けることです。

教材の質はそれほど期待し過ぎない方がよいです。

CodeCampのメリット5つ

CodeCampの評判・口コミについて見てきましたが、ここでCodeCamp のメリットについてまとめておきましょう!

メンターが審査基準をしっかりクリアした現役エンジニア

Coding

メンターが全員が厳しい採用基準を突破した現役エンジニアであるので非常に信頼できます。

もちろん技術力があるだけではなく、プラスして教える能力の上手さも評価されています。

他のプログラミングスクールのように固定メンターが付くわけではなく、自分でメンターを選ぶ制度のためメンター側も受講者から評価されるわけです。

7時〜24時の時間でマンツーマンレッスンが設定できる

Data

他のプログラミングスクールと比較して違う特筆すべき点は、マンツーマンレッスンレッスンの時間帯。

なんと、朝7時〜夜24時までの間でマンツーマンレッスンを入れることができるのです。

平日働いている会社員だと、なかなか日中はレッスンを入れることができないので、これだけ幅広くレッスンの時間帯を設けているのは助かりますよねー!

幅広いコースを提供している

Goal

先ほどもお伝えしましたが、CodeCampでは、非常に幅広いコースが展開されています。

コース名学ぶ範囲価格
WebマスターコースHTML,CSS,Javascript,PHP,SQLを用いたWebサイト2ヶ月 148,000円
デザインマスターコースHTML,CSS,Javascript,Illusrator,photoshop,Bootstrap2ヶ月 148,000円
RubyマスターコースHTML,CSS,Javascript,Rubyを用いたWebサービス2ヶ月 148,000円
アプリマスターコースSwift,Javaを用いたアプリ開発2ヶ月 148,000円
JavaマスターコースJavaを用いたWebアプリケーションの開発スキルを基礎から実践2ヶ月 148,000円
PythonコースPythonを用いた基本的な分析・自動化2ヶ月 148,000円
WorldpressコースWordPressを用いたWebサイト作成2ヶ月 148,000円
プレミアムコース全てのコースを受け放題2ヶ月 248,000円
プレミアムプラス全てのコースを受け放題+マンツーマン受け放題2ヶ月 398,000円

基本的にはWebマスターコースがまずは簡単にWebサイトを作れるようになる登竜門になります。

データ分析に強いプログラミング言語を勉強したい場合はPythonコースを学ぶのも良いでしょう!

ただCodeCamp ではデータ分析やデータサイエンス周りの話には特化していないので注意が必要です。

Pythonが学べるプログラミングスクールは以下にもまとめていますので、こちらも合わせて見てみてください!

Python おすすめ スクール
【2020年最新】Python学習に最適なオンラインスクールおすすめ6選当サイト【スタビジ】の本記事では、実際にスクールに通ったりWebサービスを利用したりしながらPythonを習得した僕がおすすめするオンラインメインのスクールを紹介していきます。正直Python学習スクールは乱立し過ぎていてどれを選べばよいのか難しい!そんな人にぜひ読んで欲しいです...

運営会社が大企業で信頼できる

Stories Company

どこが運営しているのかよく分からないプログラミングスクールも数多くありますが、CodeCampを運営しているのはFuture Architectでお馴染みのフューチャー株式会社の子会社です。

東証一部上場企業の子会社ということで非常に信用ができるプログラミングスクールになっています。

無料体験ができる

CodeCampでは事前に無料体験を実施しています。

体験レッスンでは、プログラミングの効率的な学び方やCodeCampでの学習の進め方を体験できます。

また、自分に合った学習内容やスケジュールについて質問することができ、事前に目指したい姿のすり合わせなどを行うことが可能なんです。

時間は40分ほど、ぜひ無料体験を利用してみましょう!

ちなみに無料体験をすることで1万円OFFクーポンがもらえるので、まずは無料体験して損はしません。

CodeCampのデメリット

Feeling bad

そんなCodeCampですが、一部デメリットもあります。

CodeCamp ではメンターが毎回違うので、ある意味固定で付き添ってくれるパーソナルメンターとは違い毎回状況などを共有しなくてはいけない可能性があります。

もちろん受講者側で、気に入ったメンターの方を指名することはできますが、タイミングが合わないと必ずそうとも言えません。

テックアカデミー では、メンターの変更を願い出ることは可能ですが基本的にメンターは同じ人がカリキュラム終了まで付くことになります。

どちらがいいかは人それぞれですが、固定メンターの方が良いパターンもあります。

CodeCampの評判 まとめ

ここまででCodeCampの評判・口コミやメリット・デメリットについてまとめてきました。

CodeCamp では様々なコースを展開していますので是非比較検討してみてくださいね!

コース名学ぶ範囲価格
WebマスターコースHTML,CSS,Javascript,PHP,SQLを用いたWebサイト2ヶ月 148,000円
デザインマスターコースHTML,CSS,Javascript,Illusrator,photoshop,Bootstrap2ヶ月 148,000円
RubyマスターコースHTML,CSS,Javascript,Rubyを用いたWebサービス2ヶ月 148,000円
アプリマスターコースSwift,Javaを用いたアプリ開発2ヶ月 148,000円
JavaマスターコースJavaを用いたWebアプリケーションの開発スキルを基礎から実践2ヶ月 148,000円
PythonコースPythonを用いた基本的な分析・自動化2ヶ月 148,000円
WorldpressコースWordPressを用いたWebサイト作成2ヶ月 148,000円
プレミアムコース全てのコースを受け放題2ヶ月 248,000円
プレミアムプラス全てのコースを受け放題+マンツーマン受け放題2ヶ月 398,000円

CodeCampでは事前に無料体験を実施しています。

ぜひ無料体験を利用してみましょう!

無料体験をすることで1万円OFFクーポンがもらえるので、まずは無料体験して損はしません。

他にもたくさんのプログラミングスクールがあります。以下の記事で言語別のおすすめプログラミングスクールについてまとめていますよ!

Pythonを初学者が最短で習得する勉強法

Pythonを使うと様々なことができます。しかしどんなことをやりたいかという明確な目的がないと勉強は捗りません。

Pythonを習得するためのロードマップをまとめましたのでぜひチェックしてみてくださいね!