おすすめサービス

これから需要が増える仕事8選!おすすめ資格9選や注意点も解説!

recommended_job
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
ウマたん
ウマたん
当サイト【スタビジ】の本記事では、これからの時代に需要が増えてくる仕事を紹介していきます!また需要のある仕事をするためにおすすめの資格や注意点も合わせて解説します!これから就職・転職を控えている方は、ぜひ参考にしてください!

こんにちは!スタビジ編集部です!

最近大手企業でも仕事に人をアサインする「ジョブ型雇用制度」が増えてきています。

ジョブ型制度では業務内容が明確に決まっている分、自分のやりたい仕事をやれる可能性が増えていきます。

一方でこんな不安を持つ方もいるのではないでしょうか。

そもそも需要のある仕事ってあるの?
これから需要が増える仕事に関連するスキルを身につけたい!

今回はこれから需要が増える仕事と仕事につくためのコツや資格について解説していきます。

・これから需要が増える仕事の特徴
・これから需要が増える仕事
・これから需要が増える仕事に就くためのコツ
・これから需要が増えるおすすめ資格
・これから需要が増えるスキル
・これから需要が増える仕事に就職・転職する場合の注意点

ウマたん
ウマたん
この記事を参考に自分が今後やっていきたい仕事を見つけていこう!

反対にこれからAIによって将来なくなる仕事について下記でまとめているので、興味がある方はチェックしてみて下さい。

AIによって将来なくなる仕事ランキングを紹介!10年後仕事がなくなる仕事の特徴3つとは? こんにちは!スタビジ編集部です! 最近はChatGPTに代表されるようにAIの技術が発達が目覚ましいです。 AIによ...

目次

これから需要が増える仕事の特徴6つ

recommended_job

これから需要が増える仕事の特徴」を紹介していきます。

今後も需要が見込まれる仕事の特徴は以下です。

1.ITに関連した仕事
2.市場規模が大きい仕事
3.成長している業界の仕事
4.リモートワークが可能な仕事
5.AI(人工知能)に代替されない仕事
6.少子高齢化や環境問題などの社会問題を解決する仕事

それぞれ理由も含めて解説していきます。

1.ITに関連した仕事

ITに関連した仕事」はこれからも需要が高くなる可能性が高いです。

現代の多くの企業が、業務効率化や新たなビジネスモデルの開発、セキュリティ対策などにIT技術を活用しています。

そのため、ITスキルが必要な業務が多いため、その業務を担当する以下の職種は今後も企業から引き合いが強くなりそうです。

  • システムエンジニア
  • データサイエンティスト
  • AIエンジニア
  • セキュリティエンジニア

ITに関連した仕事では、プログラミングスキルやデータ分析能力、AI技術の理解、セキュリティ知識などが求められるので、勉強していきましょう。

ITスキルを身につけてIT関連の仕事を行うことで、実務で専門的なスキルや経験を積めるので、より自身の市場価値を高めることが出来ます。

ウマたん
ウマたん
ITに関連する仕事はどの業界でも存在するボリュームの多い業務!ITスキルを身につけた後はどんどん経験を積んでいこう!

2.市場規模が大きい仕事

市場規模が大きい業界」は、ビジネスチャンスが多いことと、多くの潜在的顧客が存在することを意味するため、仕事の需要が増える可能性が高いです

市場規模が大きい仕事では、新たなサービスや商品を提供する機会が多く、さまざまな人材が必要とされます。

特にIT業界は、さまざまな専門的な知識や技術を持つ人材が求められており、求人数も多いです。

市場規模が大きい分、業務も多岐にわたるため、プログラミングや営業スキル、マネジメントスキルといった、スキルを複数持つ方が企業から求められます。

ウマたん
ウマたん
業界として市場規模が大きいところは、多様な仕事があって需要が高い!

3.成長している業界の仕事

成長している業界」では新規事業やプロジェクトが増えるため、仕事量が増えていきます。

成長している業界は成長スピードが早く、業界が必要とする人材も急激に増えていくので、需要のある仕事をたくさん経験することが出来ます。

具体的には以下の業界が挙げられます。

  • AI
  • 直接小売業
  • 個人サービス

成長している業界の仕事は専門的な知識や技術が必要な一方で、一度専門的な知識や技術を身につけてしまえば、その業界で活躍し続けられる可能性が高くなります。

ウマたん
ウマたん
成長している業界の仕事をしておくと、その業界内の先駆者としてキャリアアップもしやすくなる!

4.リモートワークが可能な仕事

リモートワーク可能な仕事」も今後需要が増える仕事の特徴の一つです。

近年、在宅勤務やリモートワークが一般化し、下記のようなメリットが認知されるようになりました。

  • 柔軟な働き方:通勤時間がなくなり、自宅やカフェなど、自分が集中できる場所で働ける
  • 遠距離での人材の活用:地理的な制約を取り除き、世界中のどこからでも働ける
  • 生産性の向上:オフィスでのミーティングや移動の機会がなく、作業に集中できる
  • 広範な人材採用:出社する必要がなく、より広範な人材を採用でき、さまざまな視点やスキルを持つ人材を活用できる

リモートワークが可能な仕事は業務を効率化でき、より優秀な人材を活躍させられるため、これからの需要が増えていく可能性が高いです、

ウマたん
ウマたん
リモートワーク可能な業務は場所関係なくいろんな人材に頼める分、どんどん増えていく!

5.AI(人工知能)に代替されない仕事

AIに代替されない仕事」も、これからも需要のある仕事です。

AIの技術が進む中で、人間特有の感情や創造性、対人スキルを必要とする仕事は、AIによる代替が難しいです。

例えば、以下のような仕事が挙げられます。

  • 分析した内容から価値のある知見を生み出す仕事AI
  • 人とのコミュニケーションが必要な仕事
  • 細かい作業が必要な仕事

人間特有の能力を活かす仕事は、AIでは代替できないため、今後も需要がある仕事になります。

ウマたん
ウマたん
アイデアを生み出したり、臨機応変な対応が必要だったりAIに出来ないことはまだまだ人の仕事として需要がある!

AIについて詳しく知りたい方は以下の記事をチェックしてみて下さい。

人工知能(AI)とは?ビジネスに活かすためにはどうすればよいのか? こんにちは! ウマたん(@statistics1012)です。 大学院時代は統計科学を専攻しており、現在は消費財メー...

6.少子高齢化や環境問題などの社会問題を解決する仕事

社会問題を解決する仕事」も、これからの需要が増えるといえます。

少子高齢化や環境問題など、現代社会が直面している課題は多く、解決するためには、専門的な知識や技術を持つ人材が必要となります。

例えば、以下の職種が挙げられます。

  • ソーシャルワーカー
  • 介護士
  • ITエンジニア
  • コンサルタント
  • データサイエンティスト

特にAIを活用した医療サービスや、IoTを活用したスマートシティの開発など、テクノロジーを活用した社会問題解決の仕事はこれからも増加する可能性が高いです。

また、社会問題を解決する仕事では、専門的な知識や技術だけでなく、社会問題に対する深い知識も学ぶことが出来るので、幅広い分野の経験を積むことが出来ます。

ウマたん
ウマたん
社会問題に関する仕事は大変な場合が多いけど、その分キャリアアップの可能性が広がる!

これから需要が増える仕事8選

recommended_job

これから需要が増える仕事」について紹介していきます。

今後も需要が伸びそうな仕事は下記です。

1.AIエンジニア
2.ITエンジニア
3.Webマーケター
4.コンサルタント
5.データサイエンティスト
6.営業職
7.介護士
8.研究開発職

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.AIエンジニア

AIの技術は、今後ビジネスや医療、エンタメなどあらゆる分野で活用されることが予想されています。

そのため、AIシステムを設計する「AIエンジニア」は、AI技術の進化とともに需要が増える可能性が高いです。

AIエンジニアとは、機械学習やディープラーニングを利用して、データの予測分析や学習などさまざまな仕事を行うエンジニアです。

AIを構築するため、数学や機械学習、AIのアルゴリズム、データベースの知識だけでなく、AIの倫理的な問題やAIの社会への影響についての理解も求められます。

ウマたん
ウマたん
AIをビジネスに活用する企業が増えていく中で、AIエンジニアの需要は今後も伸びていく!

AIに関する仕事でAIプランナーについて以下の記事で解説しているので、興味がある方はチェックしてみて下さい。

ai_planner
AIプランナーとは?必要スキル・おすすめの資格を紹介! こんにちは!スタビジ編集部です! 近年ChatGPTを筆頭にAI技術を使った様々なサービスが展開されています。 そこ...

2.ITエンジニア

ITエンジニア」もこれからの需要が増える仕事の一つです。

ITエンジニアは、システムの設計、開発、運用、保守などを行うため、デジタル化が進む現代社会において、企業のビジネスを支える重要な役割を担っています。

ITエンジニアの仕事内容は、Webアプリケーションの開発、Web制作、データベースの管理、ネットワークの構築など多くの種類があり、職種も分かれています。

  • プログラマー:プログラミング言語でプログラムを作成する
  • システムエンジニア:ITツールやプログラミング言語を使ってシステムを開発・構築する
  • インフラエンジニア:OS・ネットワーク・仮想化の構築やセキュリティの強化を行う
  • フロントエンドエンジニア:Webアプリ・ゲームを開発する
  • サーバーサイドエンジニア:システムやアプリのデータベース運用・保守を行う

また新たな技術の導入や、既存システムの改善など、企業のIT戦略を支える役割を担当することもあります。

ウマたん
ウマたん
デジタル化が進んでいく中で、ITエンジニアはどこの企業でも需要がある!自分の興味・得意なITスキルがあれば、キャリアの一つとして考えてみよう!

システムエンジニアになるための勉強法について以下の記事でまとめているので、興味がある方は参考にしてみて下さい。

se
SE(システムエンジニア)になるための勉強方法!7つのステップ! こんにちは!SEを経て現在はWebライターとして働くかずきちです! 高校生のなりたい職業ランキングで1位になることもある、...

3.Webマーケター

Webマーケター」は、Web広告やSNSが多くの方に利用されるデジタル時代において需要が増える仕事の一つとしてあげられます。

Webマーケターの仕事内容としては、以下の通りです。

  • Web広告を運用する
  • SNSマーケティングでSNSを利用して自社の認知を測る
  • WebサイトやSNS、メールを活用して商品やサービスのプロモーションを行う

WebマーケターはSEO(検索エンジン最適化)やSEM(検索エンジンマーケティング)などの手法を使いながら最適なデジタルマーケティングを主導していきます。

またデータ分析を行い、マーケティング戦略の効果を評価し、改善する場合も多いです。

デジタルマーケティングでの販売戦略の重要性が増す現代社会において、Webマーケターは需要が増えると予想されます。

ウマたん
ウマたん
Web戦略は企業の重要な戦略の一つ!Webマーケターの需要もどんどん伸びていってるよ!

Webマーケティングの勉強法について以下の記事で解説しているので、興味がある方はチェックしてみて下さい。

webマーケティング 勉強
独学でWebマーケティングを勉強して稼げるようになるロードマップ!当サイト【スタビジ】の本記事では、Webマーケティングの勉強法についてまとめていきます。Webマーケティングは、これからの世の中を生き抜く上で非常に重要なスキル。Webマーケティングをインプットし実践まですることで初めて身に付きます。この記事ではインプット編と実践編に分けて解説していきますよ!...

4.コンサルタント

企業が直面するさまざまな課題を解決する「コンサルタント」もこれからの需要がある仕事の一つです。

コンサルタントの仕事内容としては、以下が挙げられます。

  • 企業が抱える課題を解決する
  • 売上を上げるための戦略を立案する
  • 業務改善案を出す

経営戦略の策定、業務改善、IT導入、人材開発など企業が持つ課題を分析し、解決策を提案することが目的です。

IT技術の発展に伴いビジネスの移り変わりが激しい現代において、企業がビジネス環境の変化に対応したり、新たなビジネスチャンスを探るため、コンサルタントにアドバイスを求めるシーンが増えていくと予想されます。

ウマたん
ウマたん
変化の激しい現代では、コンサルタントの需要も高くなっている!

5.データサイエンティスト

データサイエンティスト」は、ビッグデータ時代において、これからの需要が増える仕事の一つとして注目されている仕事です。

データサイエンティストの仕事内容としては、企業内で蓄積されたデータから有益な情報を引き出すことで、ビジネスの意思決定を支える役割があります。

データから有用な知見を見つけるだけでなく、データの可視化やデータドリブンな戦略の策定も行うため、素早い意思決定を行いたい企業にとって欠かせない存在です。

ウマたん
ウマたん
データの活用がビジネスの成功に直結する現代社会において、データサイエンティストは企業に欠かせない存在に!

データサイエンティストに必要なスキルを以下の記事で解説しているので、興味がある方はチェックしてみて下さい。

【5分で分かる】データサイエンティストに必要なスキルと独学勉強ロードマップ!当サイト【スタビジ】の本記事では、データサイエンティストに求められるスキルとそれを身に付けるための勉強法について徹底的にまとめていきます!入門者でも、しっかりデータサイエンティストについて理解しある程度独学で駆け出しの状態までいけることを目指します。...

6.営業職

営業職」は、企業の成長を支え、顧客との関係を築く上で重要な役割を果たすため、これからの需要が増える仕事の一つです。

自社商品やサービスを販売して企業の利益を増やすためには、顧客に適切に営業・販売できる営業職が欠かせません。

営業職の仕事内容としては新規の顧客を開拓したり、既存の顧客との関係を深めたり、商品やサービスの価値を伝えたりして会社の売上に貢献します。

また顧客のニーズを把握し、顧客に応じた提案を行うことも重要な役割です。

ウマたん
ウマたん
自社商品やサービスを売る営業職は今後も必要なポジション!

7.介護士

社会の高齢化に伴い、「介護士」もこれからの需要が増える仕事の一つです。

介護士は、高齢者の日常生活の支援、健康管理、リハビリテーションの支援などを行います。

また心のケアも行い、高齢者の心の健康を支えることも大切な役割です。

介護士は、社会の高齢化に対応するために、今後もさまざまな場所で求められる仕事と予想されます。

ウマたん
ウマたん
高齢者の生活や健康、生活の質を維持するために介護士の役割は今後も欠かせない!

8.研究開発職

研究開発職」は、新たな技術や製品の開発を通じて社会や企業の進歩を牽引する役割を果たす、これからの需要が増える仕事の一つです。

研究開発職の仕事では、テクノロジーの進歩や社会の変化に対応するために、新たな製品やサービスの研究、技術の開発を行います。

新技術開発のほかにも既存技術の改良、新製品の品質管理や実験テストなども担当する場合が多いです。

研究開発職は高い専門性を求められる分、企業や社会に必要な新たな価値を創出する中核になるため、今後も需要があると予想されます。

ウマたん
ウマたん
新たな価値の創出を担う研究開発職も今後求められる仕事!

これから需要が増える仕事に就くためのコツ6つ

recommended_job

これから需要が増える仕事について見ていきましたが、これらの仕事に就くために何をすればよいか悩む方もいると思います。

そこで「これから需要が増える仕事に就くコツ」について紹介します。

1.スキルや経験を積む
2.自分に適切な仕事を学ぶ
3.転職エージェントを利用する
4.興味がある企業や業界について学ぶ
5.就職・転職で有利な資格を取得する
6.需要がある専門的なスキルを身につける

出来そうなところから一つ一つ実践していきましょう。

1.スキルや経験を積む

これから需要が増える仕事に就くためには、「スキルや知識を身に付けたり、経験を積んだりすること」が大切です。

これから需要が増える仕事の多くは、新しい専門的な技術や知識が求められます。

特に、AIやデータ分析のような分野では、専門的なスキルや経験がないと仕事に就くのが難しい場合があります。

実務経験を積むのが難しい場合は、プログラミングのスキルを身につけたり、統計学の資格を取得することで、AI開発やデータ分析の分野での就職・転職ができる可能性が高くなります。

その他にもマーケティングの経験を積むことで、Webマーケターの仕事での需要に応えられる場合もあります。

自分の興味がある仕事があれば、関連するスキルを身につけたり経験を積むことをおすすめします。

ウマたん
ウマたん
スキルや経験を積むことは、これから需要が増える仕事に就くために欠かせないコツ!

2.自分に適切な仕事を学ぶ

自分に適切な仕事を学ぶこと」も、これから需要が増える仕事に就くために大切です。

自分の興味や適性に合った仕事を見つけると、スキルや資格の勉強も高いモチベーションを保ちながら長期間にわたって学習し続けられます。

例えば以下のようなことが挙げられます。

  • 人とコミュニケーションを取ることが好き ⇒ カスタマーサービスや営業の分野を学ぶことに適している可能性が高い
  • 論理的思考が得意 ⇒ プログラミングやデータ分析を学ぶことに適している可能性が高い

自分の得意や好きなことから適した仕事を見つけて、勉強を進めると、人一倍知識を吸収できて、これから需要が増える仕事に就く可能性が高くなります。

ウマたん
ウマたん
自分に向いている仕事を見つけて、その分野を勉強してみよう!

勉強のモチベーションが保てそうならその仕事が天職に!

3.転職エージェントを利用する

転職エージェントを利用してみること」も需要のある仕事に就くコツの一つです。

転職エージェントは、求職者と企業をつなぐ役割を果たしており、求職者にとっては適切な職を見つけるための強力なサービスです。

これから需要が増えると予想される分野に特化した転職エージェントを利用することで、個人では集めるのが難しい求人情報や業界動向を把握することが出来ます。

また履歴書や職務経歴書の作成支援、面接対策など、転職活動をトータルでサポートしてくれるサービスも多いので、転職に悩むことがあれば活用してみましょう。

ウマたん
ウマたん
情報収集や転職活動に行き詰まったら、転職エージェントを利用するのも一つの手!

4.興味がある企業や業界について学ぶ

求める仕事に就くためには、「自分が興味を持つ企業や業界について学ぶこと」も重要です。

興味がある企業や業界について学ぶことで、自分がどのようなスキルや知識を身につけるべきか、またどのようなキャリアパスを描くべきかが明確になります。

例えば、興味がある業界を志望する場合、業界の最新の技術動向や情報、主要企業の戦略などを学ぶことで、以下の情報がわかります。

  • 必要なスキルや資格
  • 今後のキャリアの進め方
  • どの企業で働くことが自分のキャリアにとって最適か

興味がある企業や業界について学ぶことで、自分がやるべき行動が見えてきます。

ウマたん
ウマたん
興味がある企業・業界を調べて、どんな人材が求められているか確認しよう!

5.就職・転職で有利な資格を取得する

就職・転職で有利な資格を取得すること」で、企業から評価されるだけでなく、仕事への知識を深めることも可能です。

資格は、特定のスキルや知識を持っていることを証明するものであり、企業にとってはその人が一定の能力を持っていることの保証となります。

そのため、資格を持っていることで、自分の専門性をアピールし、就職・転職活動を有利に進めることが出来ます。

また資格のスキルを評価されるだけでなく、取り組む姿勢やその分野への興味としてとらえられるので、企業へのアピールとしても最適です。

ウマたん
ウマたん
資格を取得して、専門性と熱意を企業にアピールしよう!

6.需要がある専門的なスキルを身につける

需要がある専門的なスキルを身につける」と、場合によっては即戦力として活躍できる場合もあります。

最新の技術や知識が必要とされる仕事は、新たな専門的スキルが求められることが多く、企業内に専門の人がいなかったり体制が不十分な場合があります。

そのため、専門的なツールの運用スキルや使い方の知識を持っていると、即戦力として活躍できる可能性があります。

ウマたん
ウマたん
新しい技術やこれから成長が見込まれる分野は専門的な人材が少ないので、いち早くスキルを身につければチャンスも多い!

これから需要が増えるおすすめ資格9選

recommended_job4

スキルを身につけるために資格を取ろうと思う方もいると思います。

そんな方におすすめする「これから需要が増える資格」は以下になります。

1.MOS
2.TOEIC
3.統計検定
4.G検定・E検定
5.日商簿記検定
6.宅建建物取引士
7.基本情報技術者試験
8.データ分析実務スキル検定
9.データサイエンティスト検定

興味があるものはぜひ取得してみましょう。

1.MOS

Microsoft Office Specialist(MOS)」は、Microsoft社が提供するWordやExcelなどのソフトを扱うスキルを証明する資格です。

現代のビジネス環境では、マイクロソフトのオフィスソフトウェア(Word、Excel、PowerPointなど)を使いこなす能力は、多くの企業で必須となっています。

MOSの資格を取得すると文書作成、データ分析、プレゼンテーション作成など、ビジネスの現場で求められるタスクを効率的にこなす能力を証明できます。

MOSは国際的に認知されており、取得を推奨する企業も増えているため、これから需要が増える資格の一つといえます。

ウマたん
ウマたん
オフィスソフトウェアの操作スキルは一度体系的に学んでおくと、その後の業務をスムーズにこなせるようになるのでおすすめ!

2.TOEIC

TOEIC」は、英語のコミュニケーション能力を証明する資格であり、国際化が進む現代社会においてその需要が増えると予想されます。

TOEICの試験は、以下の能力を測るテストがあり、英語のコミュニケーションスキルを証明するための国際的に認知された資格です。

  • TOEIC® Listening & Reading Test:聞く・読む力
  • TOEIC® Speaking & Writing Tests:話す・書く力
  • TOEIC® Speaking Test:話す力のみ

一般的なものが990点満点で聞く・読む力を評価するTOEIC® Listening & Reading Testです。

TOEICのスコアは、就職活動や昇進、海外赴任の際などに、英語力を証明するための客観的な指標として活用することが出来ます。

また、あまり知られていませんが発音や会話力といったスピーキング力を測るテストもあります。

そのため、TOEICは英語のコミュニケーションスキルを証明し、キャリアの幅を広げるために欠かせない資格であり、需要がこれからも増える可能性が高いです。

ウマたん
ウマたん
英語が出来るとキャリアの幅が一気に広がる!目標の点数を決めて頑張ってみよう!

3.統計検定

統計検定」は、データ分析の基礎となる統計学の知識や活用力を証明する資格です。

統計検定を取得するとデータの収集方法、データの分析方法、統計モデルの理解などのデータ分析に必要な基礎的なスキルを証明することが出来ます。

データ分析スキルはデータサイエンティストだけでなく、データに基づいて決断する経営者やコンサルタントにも必要になってくるスキルです。

勘ではなく、データに基づいた意思決定が求められる現代社会において、統計検定は需要が高まる資格の一つといえます。

ウマたん
ウマたん
統計検定でデータ分析の基礎知識を習得しよう!

統計検定については、各種別で勉強法をまとめているので参考にしてみて下さい。

4.G検定・E資格

G検定」と「E資格」は、どちらも膨大なデータをもとにAI(人工知能)に情報処理を教えるための手法(ディープラーニング)の知識を証明する資格です。

資格対象者はどちらも異なるため、資格の勉強を始める前に確かめる必要があります。

  • G検定:ビジネス向けでAIやビジネスでのデータ活用に関する実践的な知識が求められる
  • E資格:エンジニア向けで内部の数学的な計算の理解と機械学習モデルの実装知識が求められる

G検定は、AIの基本的な知識や技術、応用についての理解度が評価されます。

一方でE資格は、機械学習モデルの実装や数学的な計算の理解などが必要で、幅広い分野の理解度を評価される資格です。

G検定とE資格でスキルレベルは異なりますが、今成長しているAI・ディープラーニングの知識を証明できるので、これからも需要がある資格といえます。

ウマたん
ウマたん
AI・ディープラーニングのスキルを身につけたかったらG検定・E資格に挑戦してみよう!

G検定・E資格について詳細な内容をそれぞれ記事にしているので、興味がある方はチェックしてみて下さい。

g_exam
【初心者向け】G検定の勉強法を現役データサイエンティストが徹底的に解説!当サイト【スタビジ】の本記事では、G検定の勉強法をまとめています!おすすめの学習サイトや本を紹介しているので、この記事を読んで、G検定の勉強を始めていきましょう!...
e_exam
E資格のおすすめ講座10選を現役データサイエンティストが紹介!当サイト【スタビジ】の本記事では、E資格の取得を目指している人に向けて、おすすめ講座を紹介しています。AI・ディープラーニングのスキルアップとして目指す人も多いE資格!ぜひ本記事を参考に講座を受講していきましょう!...

5.日商簿記検定

日商簿記検定」は、簿記知識と実践的なスキルを証明する資格です。

簿記は、企業の財務状況を把握し、適切なビジネス判断を下すための基礎となるスキルです。

日商簿記検定を取得すると企業の財務状況を理解できるようになるので、会計職に加えて経営者やコンサルタントにもおすすめの資格です。

ウマたん
ウマたん
どんな企業に欠かすことが出来ない財務状況を分析するスキル!日商簿記の資格があるとキャリアが広がる!

6.宅建建物取引士

宅建建物取引士」は、不動産業界での専門的な知識と技術を証明する資格です。

不動産取引全般に関する法律や契約書の作成、物件の評価など、不動産業界に必要な幅広い知識を習得できます。

近年の不動産市場は投資対象としての魅力や、人々のライフスタイルの変化に伴い盛り上がっており、専門的な知識を持つ宅建建物取引士の需要は高いです。

低金利の影響で不動産投資が増えている状況なので、宅建建物取引士の資格を持つと不動産業界での競争力を高められます。

ウマたん
ウマたん
宅建建物取引士を取得して、今後需要が見込まれる不動産業界でアピールしていこう!

7.基本情報技術者試験

基本情報技術者試験」は、IT業界での初級者向けの資格です。

コンピュータの基本的な知識やプログラミング、ネットワークなど、ITに関する基本的な知識を証明できます。

社会のデジタル化が進んできたことやリモートワークが普及したことから、どの分野でもITの基礎知識を持つことが求められており、基本情報技術者の需要は高いです。

資格を取得することで、IT業界だけでなく、ITを利用する業務に対する適応力を身につけられます。

ウマたん
ウマたん
IT未経験の人は基本情報技術者試験でITの基本知識をマスターしておこう!

8.データ分析実務スキル検定

データ分析実務スキル検定」は、データ分析に関する実務的なスキルを証明する資格です。

資格では、データの収集、整理、分析、そしてその結果をビジネスや意思決定に活用する能力を評価されます。

データ分析実務スキル検定の需要が増える理由としては、以下の通りです。

  • ビジネスでのデータの利用は企業の競争力を高めるため
  • データ分析のスキルを活用することで、マーケティング活動の効果を最大化できるため

資格を取得するとデータ分析スキルを証明し、データサイエンティストやマーケティングの分野で活躍できます。

ウマたん
ウマたん
単純なデータ分析力だけでなくビジネス活用といったスキルも証明できる資格!

9.データサイエンティスト検定

データサイエンティスト検定」は、データサイエンスに関する専門的な知識と技術を証明する資格です。

大量のデータから有用な情報を抽出し、ビジネスの意思決定に活用する能力を評価します。

データサイエンティスト検定の需要が増える理由としては、以下が挙げられます。

  • データサイエンスのスキルを活用すると、ビジネス戦略を科学的に策定できるため
  • 数理やデータサイエンス、AI教育などのリテラシーレベルの能力が求められているため

ビジネス分野でデータサイエンスの価値が高まっているので、データサイエンティスト検定はスキルをアピールできるとっておきの資格といえます。

ウマたん
ウマたん
これからも需要が見込まれるデータサイエンティストを目指したい方におすすめの資格!

データサイエンティスト検定については以下の記事で詳しく解説しているので、興味がある方は参考にしてみて下さい。

ds_exam
データサイエンティスト検定(DS検定)の難易度は高い!?勉強方法を解説!当サイト【スタビジ】の本記事では、データサイエンティスト検定(DS検定)の概要や難易度、勉強方法について解説します!データ活用人材の需要が高まっている現在、データサイエンスのスキルを証明するため、本記事をきっかけにぜひ勉強を始めていきましょう!...

これから需要が増えるスキル4選

recommended_job

これから需要が増えるスキル」について紹介します。

以下のスキルを身につけることで、今後のキャリアアップを目指すことが出来ます。

1.語学スキル
2.論理的思考能力
3.データ分析スキル(統計学・機械学習)
4.プログラミングスキル

自分の適性に合わせてスキルを取得していきましょう。

1.語学スキル

英語などの「語学スキル」は、国際的なビジネスや学術の場での共通言語として広く使われており、ビジネスチャンスを広げられる重要なスキルです。

現代の多くの企業が多様化やグローバル化を目指しているため、国内外問わず需要が増えるスキルといえます。

語学スキルを持っておくメリットは、以下の通りです。

  • 海外のクライアントやビジネスパートナーともスムーズにコミュニケーションを取ることができる
  • 英語圏の最新の情報や知識を直接理解でき、自分の専門分野での競争力を高められる

語学スキルがあることでキャリアの可能性が一気に広がります。

ウマたん
ウマたん
海外の人とスムーズなコミュニケーションをするために、これからも語学スキルが必要になってくる!

社会人のための英語の勉強法を以下で解説しているので、参考にしてみて下さい。

english_study
【社会人向け】スキマ時間に効率的!オススメ英語勉強法7つ!当サイト【スタビジ】の本記事では、忙しい社会人に向けた、英語の勉強方法と注意点をまとめています!英語をマスターしたいけど、忙しくて躊躇している人もこの記事でチャレンジしていきましょう!...

2.論理的思考能力

論理的思考能力」は、情報過多の現代社会で重要なスキルです。

論理的思考能力を鍛えることで以下のようなことが可能になります。

  • 論理的に考えることで、問題の本質を見抜き、効果的な解決策を導き出す
  • 情報を整理して物事の優先順位をつけ、最適な選択をするための基盤となる

近年では業務が複雑化しているため、論理的思考による柔軟な対応や素早い判断が求められています。

特にコンサルタントや営業職といった職種では、論理的思考力のある人への需要が増加しているため、これらの職種を目指す方はぜひ身につけておきましょう。

ウマたん
ウマたん
論理的思考能力は仕事で結果を出す上で欠かせないスキル!トレーニングで伸ばすことが出来るよ!

3.データ分析スキル(統計学・機械学習)

データ分析スキル」は、ビッグデータの時代において、企業が競争力を維持するために必要不可欠なスキルとなっています。

データ分析スキルを持つと、大量のデータから有用な情報を抽出し、ビジネスの意思決定に活用することが出来ます。

  • 市場の動向や消費者の行動、競合他社の状況などを把握し、データに基づいた戦略を策定
  • 自社の業績やプロセスの問題点を明確にし、改善策を立てる

データ分析によって過去の傾向だけでなく未来の予測も可能になり最善の判断を行えます。

データ分析では主に「統計学」や「機械学習」の知識が必要になります。

  • 統計学:データに対して正しく見るためには、統計学の統計処理手法の知識が必要でデータ分析を行う上で欠かせない
  • 機械学習:エデータの整理や前処理を行い、データの精度を高めて、データの可視化や分析を行う際には、機械学習スキルが必要

データを元にビジネスの意思決定を行う企業が増えてきているため、データ分析スキルは今後も需要が増えるスキルといえます。

ウマたん
ウマたん
データに基づく判断が求められる現代で、データ分析スキルはどんどん必要になっていく!

データ分析を学ぶのにおすすめの本を下記で紹介しているので、興味がある方はチェックしてみて下さい。

データ分析のおすすめ本
データ分析を学ぶのにおすすめな本10選!【データサイエンティストが選ぶ】当サイト【スタビジ】の本記事では、データ分析を学びビジネスに活かしていくために必要な書籍をまとめていきます。理論部分の解説に重きを置くよりもデータ分析をいかに実務で実行していけるか・結果を出せるかに重きを置いた書籍になっています。...

4.プログラミングスキル

プログラミングスキル」はIT化が進む現代において重要なスキルの一つです。

プログラミングスキルを持つことで以下のようなメリットが挙げられます。

  • プログラミングにより、手作業で行っていた作業を自動化し、業務の効率化を図る
  • プログラミングスキルを活用して新たなシステムを開発し、ビジネスを拡大する

プログラミングスキルを持つと、上記のように多岐にわたるビジネス活用が可能となります。

また、プログラミングと聞くと初心者には難しいイメージがありますが、今はたくさんの情報があり、ブラウザからも簡単に試すことが出来るので、始めるハードルはかなり低いです。

今後は開発スピードが求められる分、個人で企画~開発までを担う場面が多くなるので、プログラミングスキルは需要が増えるスキルといえます。

ウマたん
ウマたん
プログラミングスキルを取得して自分のアイデアを形にしていこう!

初めてプログラミングを学ぼうという方は、以下の記事を参考にしてみて下さい。

PC
【これだけ!】プログラミングを挫折しない!たった3つの方法当サイト【スタビジ】の本記事では、プログラミングを挫折しないで独学で勉強し続けられる方法についてまとめていきます。プログラミングを挫折し続けてきたからこそ伝えられる価値があると思い、今までの経験を基に徹底的にお話しいていきますよー!...

データ分析スキルやプログラミングスキルを身につけたいならスタアカ!

データ分析スキルやプログラミングスキルを身につけたい人は当メディア運営するオンラインスクール「スタアカ(スタビジアカデミー)」がおすすめです。

AIデータサイエンス特化スクール「スタアカ」

スタアカトップ
【価格】ライトプラン:980円/月
プレミアムプラン:98,000円
【オススメ度】
【サポート体制】
【受講形式】オンライン形式
【学習範囲】データサイエンスを網羅的に学ぶ
実践的なビジネスフレームワークを学ぶ
SQLとPythonを組み合わせて実データを使った様々なワークを行う
マーケティングの実行プラン策定
マーケティングとデータ分析の掛け合わせで集客マネタイズ

データサイエンティストとしての自分の経験をふまえてエッセンスを詰め込んだのがこちらのスタビジアカデミー、略して「スタアカ」!!

24時間以内の質問対応と現役データサイエンティストによる複数回のメンタリングを実施します!

カリキュラム自体は、他のスクールと比較して圧倒的に良い自信があるのでぜひ受講してみてください!

他のスクールのカリキュラムはPythonでの機械学習実装だけに焦点が当たっているものが多く、実務に即した内容になっていないものが多いです。

そんな課題感に対して、実務で使うことの多いSQLや機械学習のビジネス導入プロセスの理解なども合わせて学べるボリューム満点のコースになっています!

Pythonが初めての人でも学べるようなカリキュラムしておりますので是非チェックしてみてください!

ウォルマートのデータを使って商品の予測分析をしたり、実務で使うことの多いGoogleプロダクトのBigQueryを使って投球分析をしたり、データサイエンティストに必要なビジネス・マーケティングの基礎を学んでマーケティングプランを作ってもらったり・Webサイト構築してデータ基盤構築してWebマーケ×データ分析実践してもらったりする盛りだくさんの内容になってます!

・BigQuery上でSQL、Google Colab上でPythonを使い野球の投球分析
・世界最大手小売企業のウォルマートの実データを用いた需要予測
・ビジネス・マーケティングの基礎を学んで実際の企業を題材にしたマーケティングプランの策定
・Webサイト構築してデータ基盤構築してWebマーケ×データ分析実践して稼ぐ

ウマたん
ウマたん
データ分析やプログラミングの実践的なスキルが身につく!

これから需要が増える仕事に就職・転職する場合の注意点3つ

recommended_job

これから需要が増える仕事に就いた際の注意点」もお伝えします。

以下の注意点があることを把握しておきましょう。

1.一生安定した仕事はない
2.不向きな仕事につかない
3.長期間勉強が必要な仕事がある

それぞれ解説していきます。

1.一生安定した仕事はない

どんなに好景気でもビジネスの世界で、「一生安定した仕事はない」です。

技術の進歩や経済の変動、社会のニーズの変化など外部環境の変化により、かつて安定していた仕事であっても需要が減少するタイミングが来る可能性があります。

そのため、以下のような視点を持っておくことが大切です。

  • 自身のキャリアを定期的に見直し、必要に応じて方向性を変える
  • 一度身につけたスキルに固執せず、時代の変化に合わせて新たなスキルを学び続ける

自分にとって適切なキャリアが長期的に望めるように、需要が増える仕事に就いても安心せず、キャリアを定期的に見直し、スキルを学び続けることが大切です。

ウマたん
ウマたん
自分のスキルや得意分野を見極めながら、時代に合わせてキャリアを考えていこう!

2.不向きな仕事につかない

自分に合わない仕事につくこと」は、長期的なキャリアの形成や満足度に悪影響を及ぼす可能性があります。

自分の興味や能力、価値観に合った仕事を選び、仕事のパフォーマンスやモチベーションを高めることが大切です。

そのためにも以下について取り組む必要があります。

  • 自分の強みや弱み、興味や価値観を理解してから仕事選びをする
  • 具体的な仕事内容や職場環境について、自分が適応できるかどうかを事前に確認する

需要があるという理由で仕事を選ばず、自分自身を客観的に分析して、自分に合った仕事を選択しましょう。

ウマたん
ウマたん
周りの情報に惑わされず、自分に合う仕事をすることが大事!

3.長期間勉強が必要な仕事がある

これから需要が増える仕事の中には、専門的な知識や技術を必要とするものが多いため、「長期間の学習が必要」となる場合があります。

そのため、就職・転職を考える際には、自身が学習を継続できるかどうかを考慮することが必要です。

  • 短期間集中的に学習してみて、長期間続ける意欲があるかどうかを確認する
  • 具体的な学習計画を立て、長期間の学習を効率的に進める

実際に学習を始めてみると想像していたものと違ったと思う場合はよくあります。

専門的なスキルは需要がある分、習得の難易度が高いことが多いので、モチベーション高く続けられるかどうかが判断することが大切です。

ウマたん
ウマたん
勉強の時間を楽しいと思えるかどうかが大事!

これから需要が増える仕事 まとめ

これから需要が増える仕事について紹介しました。

今回紹介した仕事は以下です。

1.AIエンジニア
2.ITエンジニア
3.Webマーケター
4.コンサルタント
5.データサイエンティスト
6.営業職
7.介護士
8.研究開発職

需要が増える仕事に就きたい場合には、資格を取得したり、スキルを習得する必要があります。

長期的に理想のキャリアを築くためにも、常にスキルアップや資格取得、業界の最新情報の把握などを行っていきましょう。

ウマたん
ウマたん
自分の興味・得意分野を考えながら、理想のキャリアを目指していこう!

社会人におすすめの勉強ジャンルを以下の記事でまとめているので、良ければ参考にしてみて下さい。

社会人 勉強
社会人が勉強すべきおすすめのジャンル5選!社会人は何を勉強すればよい!?当サイト【スタビジ】の本記事では、社会人になって何をどのように勉強すればよいのか分からない、なんとなく勉強したほうがいいのは分かっているけど一歩が踏み出せない方に向けて社会人になって勉強するべきおすすめのジャンルと勉強法について紹介していきますよ!...
スタビジアカデミーでデータサイエンスをさらに深く学ぼう!

スタアカサービスバナースタビジのコンテンツをさらに深堀りしたコンテンツが動画と一緒に学べるスクールです。

プレミアムプランでは私がマンツーマンで伴走させていただきます!ご受講お待ちしております!

スタビジアカデミーはこちら