おすすめサービス

【感動】要約アプリFlier(フライヤー)の評判が良いらしいので利用してみてレビュー!

フライヤー
ウマたん
ウマたん
当サイト【スタビジ】の本記事では、Flier(フライヤー)というアプリについてまとめていきます。Flier(フライヤー)は名著から新書まで多くの書籍を10分で読める程度に要約してくれているアプリで気軽に読書が試せますし、書籍購入時のハズレを回避することができるんです!

こんにちは!

書籍大好きで年に200冊くらい読んでいた、時期もあるウマたん(@statistics1012)です。

ウマたん
ウマたん
現在は残念ながら年に50冊くらいになってしまっている・・・

時間のある時は年に200冊を余裕で読めたのですが、なかなか腰を据えて読書できなくなった今、効率良く読書をすることが必要。

そんな時、Flier(フライヤー)という本要約アプリに出会いました!

Flier(フライヤー)は比較的書籍も合わせてたくさんの本を要約してくれているアプリで良いところ悪いところあるんですが、使い方によっては非常に便利なアプリです!

この記事では、そんなFlierについて徹底解説していきます!

Flier(フライヤー)の概要とプラン

フライヤー

公式サイト:https://www.flierinc.com

【オススメ度】
【運営会社】株式会社フライヤー
【価格】無料プランと有料プランがある

Flier(フライヤー)は本要約アプリで気軽に複数の書籍の内容をさらっと確認できるアプリ!

蔵書はなんと2000冊以上!

忙しいビジネスマンに人気の話題になっているオススメアプリです!

フライヤー

Flier(フライヤー)には複数のプランがあります。

・フリープラン
・シルバープラン
・ゴールドプラン

※別途法人として契約することが可能になっています。

それぞれのプラン概要は以下のようになっています。

フライヤー 料金

シルバープランは有料要約が5冊しか読むことが出来ないので、実質ゴールドプランか無料プランかみたいな2者択一になります。

無料プランでは読みたい本がかなり限られているので、個人的にはゴールドプランがオススメです!

こちらから申し込むと今なら毎月200円引きで申し込めます。

フライヤー 料金

ちなみにゴールドプランは7日間無料で試すことが可能です!

\7日間返金無料/

Flier(フライヤー)の評判・口コミ

studies mention

それでは、そんなFlier(フライヤー)の評判・口コミについてまとめていきましょう!

Flier(フライヤー)の良い評判・口コミ

まずは、Flier(フライヤー)の良い評判・口コミについてまとめていきましょう!

そうなんです、Flier(フライヤー)の使い方は書籍の事前調査!

Flier(フライヤー)で事前に確認しておくことで読んでみたら思ったのと違った!というミスマッチを防ぐことが出来ます。

Flier(フライヤー)は確かに要約アプリなのですが、結構コンテンツとしてはしっかりしていて熟読するとそれなりの時間がかかります。

そのため重たい書籍は読むのが億劫だけど・・・という人には是非オススメしたいアプリです。

そして読み上げ機能が付いているが最高!

要約の内容をアプリで読み上げてくれます。

読書って著者の人生の結晶であるわけで、本を読むことで不安や悩みが解決することも多いですよねー!

そんなあなたの現状を打破してくれる書籍を探すのにFlier(フライヤー)は非常にオススメなんです!

あらかじめ読みたい本の事前情報を手に入れることが出来るのは本当に嬉しいですよねー!

Flier(フライヤー)を使ってライフハックをしましょう!

Flier(フライヤー)の悪い評判・口コミ

ロボたん
ロボたん
Flier(フライヤー)の悪い評判はないのー?
ウマたん
ウマたん
そうだね、Flier(フライヤー)の悪い評判・口コミについても見ていこうー!

それでは、Flier(フライヤー)の悪い評判・口コミについても簡単に見ていきましょう!

確かに立ち読みや図書館で良いっちゃ良いです。

ただ、要点をしっかりまとめてくれているので全体像がサクッと確認できること、そして音声再生してくれるのでスキマ時間に確認できることなどはやっぱりFlier(フライヤー)の魅力ですねー!

Flier(フライヤー)の良いところ

Happy

ここまで客観的な視点で評判や口コミについて見てきましたが、ここでFlier(フライヤー)の良いところについて主観的な意見をまとめていきますよー!

要約とはいえプロの骨太の文章

要約だから・・・ってなめてはいけません。

選りすぐりのライターさんが書いた、素晴らしい骨太の要約に仕上がっているんです。

だからこそ書籍のエッセンスをしっかり吸収することが出来るんです。

音声再生がある

音声再生があるのが非常に嬉しい部分です。

フライヤー

音声による読み上げをバックグラウンドで再生してくれるのでスキマ時間を有効活用することが可能です。

また音声の再生スピートの調整や前に進んだり後ろに戻ったりも自由自在。

アプリのUIは使いやすいです。

アウトプットできる

Flier(フライヤー)の良いところはインプットして終わりではないところです。

読んだ書籍に対してアウトプットすることが出来るんです。

しっかり読んだ内容についてアウトプットすることで、自分の理解も深まりインプットの質も上がりますよー!

\7日間返金無料/

Flier(フライヤー)の悪いところ

Feeling bad

ただ、Flier(フライヤー)は良いところばかりではありません。

Flier(フライヤー)の悪いところについても主観的な意見も交えてまとめていきます!

アプリの動作が遅い

うーん、これはどうにかしてほしいところなんですが、アプリの動作が遅い・・・

結構ストレスに感じるくらいアプリの挙動が遅いです。

次にどの本を読めばいいのか分かりづらい

Flier(フライヤー)の良いところは要約アプリだから色々な本を興味の赴くままに読めるところなのですが、それを最大限まで活かせる設計がされていないのが残念なところです。

1冊読んだ後にその後に次にどの書籍を読めばいいのかレコメンドしてくれるとありがたいです。(関連書籍は下部にありますが・・・)

評価順で並び替えることが出来たり、トップページに表示される書籍が人によって変わったりといった実装がされるといいなーと思います。

Flier(フライヤー)がオススメな人とそうでない人

Social strategy

それでは、最後にそんなFlier(フライヤー)がオススメな人とそうでない人の違いを見ていきましょう!

Flier(フライヤー)がオススメな人

・読書する時間は正直あまりないけど、サラッと名著や新書の内容を把握しておきたい
・購入して腰を据えて読書をする際に外したくない

こんな人にはFlier(フライヤー)がオススメです。

読書の時間はなかなかないけど、話題の書籍の内容を把握しておきたいならFlier(フライヤー)を是非使ってみてください!

\7日間返金無料/

Flier(フライヤー)がオススメでない人

・読書する時間がたっぷりある
・自分の期待と違う読書も読書のうち!

こんな人にはFlier(フライヤー)はオススメしません。

読書を腰を据えて行える時間があるのであれば、あまりFlier(フライヤー)で内容をさらわなくても気の赴くままに読書をしたほうがよいかなと思います。

そんな人には書籍自体をいくつかピックアップして読めるKindle Unlimitedの方がオススメです!

\1ヶ月無料/

Kindle Unlimitedで手当り次第に色んな書籍を読んでみましょう!

本の要約アプリFlier(フライヤー) まとめ

本の要約アプリFlier(フライヤー)について徹底的にまとめてきました!

時間はないけど、さらっと内容を把握しておきたい方に非常にオススメのアプリです。

7日間無料なので是非インストールして使い倒してみてください!

\7日間返金無料/

ちなみに以下の記事でオススメのビジネス書をまとめています。

ビジネス書 おすすめ
【必読】1000冊読んできた中からオススメのビジネス書を10冊厳選! こんにちは! 消費財メーカーでデータサイエンティスト・デジタルマーケターをやっているウマたん(@statistics101...
Pythonを初学者が最短で習得する勉強法

Pythonを使うと様々なことができます。しかしどんなことをやりたいかという明確な目的がないと勉強は捗りません。

Pythonを習得するためのロードマップをまとめましたのでぜひチェックしてみてくださいね!