Webマーケ

マーケティングのおすすめ本をタイプ別に厳選して12冊紹介していくよ!

マーケティング 本
ウマたん
ウマたん
本記事では、マーケティングの本をタイプ別に12冊紹介していきます!まずはマーケティング概論について学び、その後デジタルWebマーケティングの手法を学び、最後に経営的視点でマーケティングを学ぶとよいでしょう!

こんにちは!

消費財メーカーでデジタルマーケター・データサイエンスティストをやっているウマたん(@statistics1012)です!

マーケティング関連の本を中心に年200冊読み続けてきている(時期もあった笑)ので、今まで読んで本当に良かったマーケティング本についてまとめておきたいと思います(随時更新)。

正直、陳腐なマーケティング論が飽和しており完全にコモディティ化してしまっているので、「これは!!」と心を惹かれる本は少ない!

そんな中だからこそ良い本と出会って欲しい!

ロボたん
ロボたん
マーケティングとは言っても範囲が広くて・・・どこから学んだらいいのか分からないよ
ウマたん
ウマたん
そうなんだ!マーケティングと一言で言っても一般的で非常に範囲が広い!だからこそいくつかのフェーズに分けて見ていくよ!

この記事では、マーケティングを勉強しやすくするためにいくつかのフェーズに分けて紹介していきます。

本当に読んで良かったと思う本しか紹介しません!絶対読んで損しない本だけ紹介していきます!

マーケティングの種類

マーケティングは”市場を創造すること”。そして市場を構成しているのは顧客の消費活動です。

つまりは、マーケティングは”顧客を想像し消費を創造すること

ただ、そのように定義されたマーケティングは非常に広範であり大きくなってしまいます。

そこでこの記事では、マーケティングを大きく3つのフェーズに分けています。

・マーケティング概論
・デジタル/Webマーケティング
・経営的マーケティング

まずは、

マーケティング概論から入りマーケティングの全体像を押さえた後に、

マーケティングの手法的な話であるデジタルマーケティング・Webマーケティングについて学び、

最後に経営的な視点でのマーケティングについて学びましょう!

これでおおよそのマーケティング全体が押さえられるかと思います。

それでは順番に見ていきましょう!

マーケティング概論を学ぶのにオススメな本4選

まずは、マーケティングの概論が学べるオススメ本についてまとめておきます!

キーワードは徹底的な「お客さま視点」。

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方

USJを劇的にV字回復させた元P&Gの森岡毅さんの著書。

いくつかポイントがあるのですが、大きく2つ挙げておきます。

・徹底的なお客さま目線
・戦術と戦略

USJは当時、世界観にこだわるクリエイターによってエリアの設計がされており全く消費者を見ていなかったそうです。

そこから徹底的な消費者目線でエリア全体の設計を考え直した森岡さん。

その考え方によりUSJは見事復活を成し遂げたのです。

日本社会は高度経済成長期の成功体験を捨てきれず、どうしてもモノづくり偏重主義になりがちです。

しかし、それは本当にお客さんが欲しているものなのかを徹底的に考え抜くことが大事なんです。

また、森岡さんは戦略と戦術の違いについて警鐘を鳴らします。

戦略という根底がズレている状況での戦術の最適化は最悪の事態を引き起こします。

だからこそまずは初心に戻ってお客様視点のもと戦略を考え直すことも必要なのです。

森岡さんの本はいくつかありますが、最もマーケティンを包括的に語っているのはこの本です。

ドリルを売るには穴を売れ

created by Rinker
¥1,572
(2020/06/05 00:27:49時点 Amazon調べ-詳細)

ドリルと穴は有名な話ですね。

お客さんは、ドリルが欲しいのではなく穴が欲しいのであると。

極論ドリルを使わなくても穴があけられれば、それで良いのです。

ドリルという表層的な手段にばかり注目していては、お客さんが持つ潜在的なニーズにはたどり着けません。

思わぬところで足をすくわれることになります。

この潜在的なニーズのことをマーケティング用語でインサイトと言います。

しかしこのインサイトはなかなか消費者に問いかけても得られません。

自動車が世に無かった時代に消費者に何が欲しいかと聞くと、早く走れるが欲しいと返ってきたそうです。

しかし、消費者は”早く移動できる手段”が欲しいのです。

ここを取り違えて調査ばかり行っていて消費者の声を鵜呑みにしてしまうのもまずいのです。

ストーリー形式で進んでいくので読み進めやすく、マーケティングにおいて非常に重要な考え方を学ぶことができるオススメの本です。

新・魔法のコンパス

created by Rinker
KADOKAWA
¥726
(2020/06/04 23:49:10時点 Amazon調べ-詳細)

今まで紹介してきた本はマーケティングを学ぶ上で王道的な本ですが、この「新・魔法のコンパス」はある意味少し王道から外れた本。

しかし、今マーケティング・広告・ビジネスを語らせたら右に出る者がいない男「西野亮廣」の本には目を通しておくべきです。

西野さんの本は、どれも画一的なマーケティングの考え方に一石を投じる内容になっていて、陳腐なまでコモディティ化されたマーケティングの考え方を大きく覆されます。

新・魔法のコンパスでは、お客さんを巻き込むマーケティングの考え方について深く述べられています。

今までは、どうしてもサービスや商品の提供者とお客さんは別の立場であり分断されていました。

しかし提供者はお客さんに完成品を届けるのではなく製作過程で巻き込んでいかなくてはいけないというのです。

よく西野さんは、これからは「レストラン型ではなくBBQ型だ」という比喩を使います。

レストランのように一方的に提供する形は味での勝負になりますが、味はどこもクオリティが上がっており大差なくなってきている。

だからこそ、味はイマイチでも一緒に調理過程を楽しみ成功や失敗を分かち合えるBBQ型に人は集まる。

まさに市場の真理を突いていると思います。

ウマたん
ウマたん
凝り固まったマーケティング本だけ読んでいると思考が画一化されてしまうよ!

古いマーケティングのベテラン本だけ読むと頭が凝り固まってしまうので注意しましょう!

西野亮廣氏の書籍は以下の記事で詳しくまとめてあります!

世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか

現在、世界のエリートは経営的センスを磨くためのMBAからアートを学ぶスクールに通うようになっていると言います。

著者の山口周さんは、電通とBCGを経て現在は様々な著書を展開しているパブリックスピーカー。

山口さんは、西野さんなどの行動や考え方を言語化するのが非常に上手い。

陳腐なマーケティングやビジネス理論は世界的に飽和しており、それを突き進んでもレッドオーシャンしか待っていない。

だからこそアートを学び、アート的な視点から消費者のニーズを考えるんだと。

やはり陳腐化したマーケティング理論を振りかざすのは非常に危険だとこの本を読んで感じました。

マーケティングを学ぶ上で心にとめておいて欲しいことが詰まっています。

デジタル/Webマーケティングを学ぶのにオススメな本4選

さて、マーケティング概論について理解を深めた後は、手段としてのマーケティングについて学んでおきましょう!

この記事では厳選して紹介していきますが以下でもっと多くの本をまとめています!

書籍
厳選10冊!デジタルマーケティングを勉強する上でオススメな本!当サイト【統計ラボ】の本記事では、デジタルマーケティングを学ぶ上でオススメの書籍をまとめていきます!デジタルマーケティングとはいえテクノロジーよりの本とマーケ概論よりの本があります。どちらも理解してこそ真のデジタルマーケターと言えるでしょう!...

Webマーケターのためのテクノロジー入門

Webマーケターってプログラミング能力要らないって思われがちなんですが、ある程度の知識は必要です。

ただエンジニアほどゴリゴリのコーディングをする必要があるかというとそうではない。

そんなWebマーケターに最適なテクノロジーをまとめた最強にオススメの本です!

いきなりこの本から入ってしまうと挫折してしまうかもしれないので、ある程度実務経験のある人にオススメです!

HTML,CSS,JavaScriptなどのプログラミング言語から、Google Tag Manegerなど便利なツールのお話が出てきます。

こちらに詳しくまとめているので良ければご覧ください!

本
「WEBマーケターのためのテクノロジー入門」はWebマーケター必読書だ!こんにちは! 消費財メーカーでデジタルマーケターやってるウマたん(@statistics1012)です! 大学院では統計学を...

沈黙のWebマーケティング

Webマーケティングの教本として非常に有名な本です。

最強のWebマーケターであるボーン・片桐を取り巻くストーリーと共にWebマーケティングに関して詳しく知ることができます。

タイトルにWebマーケティングとあるように、内容としてはWebの話中心になります。

コンテンツを充実させてSEOに強くしたり、SNSを使って集客したり、企業でデジタルマーケターとして働く人はもちろん、個人でブログやWebサイトを運営する方にもオススメできる本になっています。

ストーリーも純粋に面白いので分厚いですがあっという間に読めちゃいます。

世界最先端のマーケティング

こちらはオイシックスドット大地の奥谷さんの著書です。チャネルシフトという新たな概念に言及しています。

今までは、Amazonなどのオンラインチャネルを展開する企業はオンラインで顧客に商品を選択してもらいオンラインで購入してもらっていました。

しかし、現在人々の行動はオンラインオフライン片方で完結するわけではありません。

オンラインで選択して購入はオフライン。オフラインで選択して購入はオンライン。このような行動フローはもはや当たり前ですよね。

これに対して企業はどのようなチャネル戦略を考えなくてはいけないか。

Amazonの仕掛けるチャネル戦略などを中心に今後のチャネルシフトに関して新しい視点から言及している良本です

ちなみに著者の奥谷さん、最初はこの本のタイトルにサブタイトルである「顧客とつながる企業のチャネルシフト戦略」を付けたかったそうです。

しかし結果的に「世界最先端のマーケティング」となりました。かなりインパクトのある題名になっていますが、内容としてはサブタイトルの方が近いですね。

確率思考の戦略論

言わずと知れた森岡毅さんの名著ですね。

この前に発売された「USJを変えたたった一つの考え方」は消費者視点のマーケティングを考える上で非常に勉強になる本だったのですが、こちらの「確率思考の戦略論」は一転して数学的色の非常に強い内容になっています。

USJで打ち出された様々な施策が実はこれほど精緻な計算のもと出されたものだったとは驚きました。

デジタルマーケティングを行う上で非常に重要な数字的側面を勉強できます。

堅苦しい数式などは本編と分けられていて、数学に強くない人でも分かりやすく学べるようになっています。

経営的マーケティングを学ぶのにオススメな本4選

マーケティング概論とデジタルやWebを使った手法的なマーケティングを学んだあと、最後は経営的視点でのマーケティングについて理解を深めていきましょう!

マーケティングにとってお客さん視点が大事なのはいわずもがなですが、社内へのマーケティングや組織としてどうあるべきかなど経営的マーケティングも大事になってきます。

ザッポス伝説

ザッポスとは、あのアマゾンを震撼させたサービス。

現在はアマゾン傘下の企業ですが、サービスに関与した人にWowという体験を与えることを徹底しています。

もちろんお客さんに向き合うことは大事なのですが、お客さんだけを見ていて従業員や内部組織を見ていない企業は上手くいきません。

サービスを受容する側が幸せであるべきなのはもちろん、サービスを提供する側も幸せでなくてはいけません。

そんなザッポスの心意気が感じられる大変勉強になる本です。

戦略プロフェッショナル

created by Rinker
¥1,760
(2020/06/04 23:49:15時点 Amazon調べ-詳細)

戦略プロフェッショナルは、少し古い本ですが今でも十分読み応えのある本です。

大企業から出向してきた主人公がベンチャー企業を建て直すストーリーです。

ストーリー形式で話が進むので非常に読み進めやすく、経営の厳しさをヒシヒシを肌で感じることができます。

戦略プロフェッショナルを読んで良かったと思う人は著者「三枝匡」さんの本を他にも読んでみるとよいでしょう!

V字回復の経営も戦略プロフェッショナルと同じくストーリー形式で話が分かりやすくまとまっているのでオススメです!

破天荒フェニックス

破天荒フェニックスはオンデーズという会社をV字回復に導いた田中修治さんの物語。

非常に厳しい状況に追い込まれながらも、何度も立ちあがり復活劇を繰り返すストーリーは臨場感たっぷりで自分もまさにオンデーズの社員として戦っている気になりました。

経営的マーケティングを学ぶことができるのはもちろんのこと、資金面の厳しさを肌で感じることができます。

成功者の告白

created by Rinker
講談社
¥924
(2020/06/04 23:49:16時点 Amazon調べ-詳細)

マーケティングの大家である、神田昌典さんが描く「成功の裏には必ず落とし穴がある」というお話。

神田さんの経験談をベースに話が進んでいき、実際に神田さんが成功した後に立て続けて起こった出来事を描いています。

これはマーケティングという領域で勧める本ではないかもしれませんが、もしマーケティングひいてはビジネスで成功を収めたいという気概があるのであれば、ぜひ目を通しておいて欲しい1冊です。

マーケティングを学ぶ上でオススメの本 まとめ

マーケティングを学ぶ上でオススメの本を紹介してきました!

実際に読んで感銘を受けた本だけを紹介しています!

最後に紹介した本をまとめておきます!

こう改めて見てみると、ストーリー形式で進む読みやすい本を多く取り上げています!

ロボたん
ロボたん
広範なマーケティングの領域をフェーズ別に学んでいけばよいのかー!
ウマたん
ウマたん
フェーズはあくまで道しるべ的なモノだからそんなに気にせず自分が気になった本を手に取ってみてね!

読みやすいからと言って内容が希薄なわけではありません。

ぜひ気になった本を手に取ってマーケティング勉強の参考にしてみてください!

統計学の本やデジタルマーケティングの本を以下の書籍で詳しくまとめているので、デジタル領域に興味を持った方はぜひ合わせてチェックしてみてください!

書籍
厳選32冊!統計学を勉強する上でおすすめな本当サイト【統計ラボ】の本記事では、統計学のおすすめ書籍を分野別に徹底的にまとめていきます!統計学は難しいイメージがあるかもしれませんが学び方を間違えなければ大丈夫。悪書に当たると一気に挫折してしまうので気を付けてください。ここで紹介する書籍はどれも良本なので安心してくださいね!...
書籍
厳選10冊!デジタルマーケティングを勉強する上でオススメな本!当サイト【統計ラボ】の本記事では、デジタルマーケティングを学ぶ上でオススメの書籍をまとめていきます!デジタルマーケティングとはいえテクノロジーよりの本とマーケ概論よりの本があります。どちらも理解してこそ真のデジタルマーケターと言えるでしょう!...
Pythonを初学者が最短で習得する勉強法

Pythonを使うと様々なことができます。しかしどんなことをやりたいかという明確な目的がないと勉強は捗りません。

Pythonを習得するためのロードマップをまとめましたのでぜひチェックしてみてくださいね!