ビジネス・マーケ概論

【これだけはおさえておきたい!】ビジネスで役立つAI用語45選まとめ!

ビジネスで役立つ!AI用語45選まとめ!
記事内に商品プロモーションを含む場合があります
ウマたん
ウマたん
当サイト【スタビジ】の本記事では、ディープラーニング系/機械学習系/統計学系の3つのカテゴリに分けて重要な用語を説明していきます!

こんにちは!スタビジ編集部です!

この記事では昨今のAI時代においてビジネスで役立つ知っておいてほしいAI用語を「ディープラーニング系用語」、「機械学習系用語」、「統計学系用語」の3つのカテゴリでピックアップして紹介していきます!

「詳しくはこちら」をクリックすると過去に紹介したブログやYoutubeでの詳しい解説に飛べます!

ディープラーニング系用語

1. ニューラルネットワーク

人間の脳を模倣した計算モデルで、入力層、中間層、出力層から構成される。各層のニューロンは重みが掛けられて繋がり、学習を通じてデータの特徴を抽出する。

詳しくはこちら

2. CNN / 畳み込みニューラルネットワーク

画像認識や動画解析に特化したニューラルネットワーク。畳み込み層とプーリング層を組み合わせて、空間的な情報を効果的に抽出する。

詳しくはこちら

3. RNN / リカレントニューラルネットワーク

時系列データやシーケンスデータの処理に適したニューラルネットワーク。過去の出力を次の計算に反映することで、連続するデータの関係を学習する。

詳しくはこちら

4. LSTM

RNNの派生型で、長期間の依存関係を学習できるようにしたモデル。情報の忘却と保持を制御するゲート構造を持つ。

詳しくはこちら

5. GAN / 敵対的

生成モデルの一種で、2つのニューラルネットワーク(生成器と識別器)が競い合いながら学習を進めることで、高品質なデータを生成する。

詳しくはこちら

6. オートエンコーダ―

入力データを低次元の潜在空間に圧縮し、再構成するニューラルネットワーク。データの特徴抽出や次元削減に利用される。

詳しくはこちら

7. ドロップアウト

過学習を防ぐために、学習中に一部のニューロンをランダムに無効化する正則化手法。

詳しくはこちら

8. ファインチューニング

事前に学習されたモデルに対して手元のデータセットを元に再学習させてモデルのパラメータを調整して特定のタスクに適用させるようなモデルを生成するアプローチ。

詳しくはこちら

9. 強化学習

エージェントが環境と相互作用しながら報酬を最大化する行動を学習する手法。ゲームAIやロボティクスに利用される。

詳しくはこちら

10. Attention Mechanism

ニューラルネットワークが入力データの重要な部分に焦点を当てる手法。自然言語処理で広く使用される。

11. Transformer

Attention Mechanismに基づいたモデルで、RNNを使用せずにシーケンスデータを処理する。BERTやGPTに利用される。

詳しくはこちら

12. BERT

自然言語処理のための双方向のTransformerモデル。文章の文脈を理解するのに優れている。

詳しくはこちら

13. GPT

生成型のTransformerモデル。文章生成や対話システムに利用される。

詳しくはこちら

14. RAG

特定のデータベースに情報を検索しに行って、その検索結果を大規模言語モデル(LLM)にインプットした上で質問を投げかけるアプローチ。

詳しくはこちら

15. Seq2Seq

入力シーケンス(時系列データ、主に自然言語データ)を別のシーケンスに変換するモデル。翻訳やテキスト生成に使用される。

詳しくはこちら

機械学習系用語

16. 線形回帰

目的変数と説明変数の間の線形関係をモデル化する手法。回帰直線を用いて予測を行う。

詳しくはこちら

17. ロジスティック回帰

二値分類問題に適したモデル。シグモイド関数を用いて、クラスに属する確率を予測する。

詳しくはこちら

18. 決定木

データを特徴に基づいて分割し、ツリー状のモデルを構築する手法。直感的に理解がしやすい。

詳しくはこちら

19. ランダムフォレスト

複数の決定木を用いたアンサンブル学習手法。過学習を防ぎ、予測性能を向上させる。

詳しくはこちら

20. アンサンブル学習

複数のモデルを組み合わせて、単一モデルよりも高い予測精度を実現する手法。バギングやブースティングが一般的。

詳しくはこちら

21. SVM / サポートベクターマシン

データの分離を目的とする教師あり学習手法。マージンを最大化することで、最適な分類境界を見つける。

詳しくはこちら

22. k-NN / k-近傍法

データの分類に用いられるシンプルなアルゴリズム。最も近いk個のサンプルのラベルに基づいて予測を行う。

詳しくはこちら

23. PCA / 主成分分析

次元削減手法の一つ。データの分散を最大化する方向に主成分を求め、データの構造を簡素化する。

詳しくはこちら

24. ハイパーパラメータチューニング

モデルの性能を最適化するために、学習率やバッチサイズなどのハイパーパラメータを調整するプロセス。

詳しくはこちら

25. 交差検証法 / クロスバリデーション

データセットを複数に分け、モデルの性能を評価する手法。過学習を防ぐために利用される。

詳しくはこちら

26. K-Meansクラスタリング

データをK個のクラスタに分割する教師なし学習手法。各クラスタの重心を計算し、データポイントを最も近いクラスタに割り当てる。

詳しくはこちら

27. ランダムサーチ

ハイパーパラメータの探索手法。ランダムにサンプリングされたハイパーパラメータセットでモデルを評価する。

詳しくはこちら

28. グリッドサーチ

ハイパーパラメータの組み合わせを全て試行し、最適なセットを見つける探索手法。

詳しくはこちら

29. 特徴量エンジニアリング

データから有益な特徴量を作成するプロセス。モデルの性能に大きな影響を与える。

詳しくはこちら

30. 損失関数

機械学習や深層学習モデルの予測結果と実際の結果の差異を測定する関数。モデルの性能を評価する際に重要な役割を果たす。

詳しくはこちら

統計学系用語

31. 確率分布

確率変数が特定の値を取る確率を表す関数。正規分布や二項分布などがある。

詳しくはこちら

32. 仮説検定 / 統計的検定

データに基づいて仮説の妥当性を検証する手法。t検定やカイ二乗検定などがある。

詳しくはこちら

33. p値

ある否定したい仮説(帰無仮説)が正しいと仮定したとき、観測されたデータがどれくらい極端であるかを示す指標。小さいほど帰無仮説を棄却する根拠が強い。

詳しくはこちら

34. 信頼区間

真の母数が特定の範囲内にあると推定される範囲。通常、95%信頼区間が用いられる。

詳しくはこちら

35. 母集団

分析対象となる全ての個体や要素の集合。標本の元となる。

詳しくはこちら

36. 標本

母集団から抽出されたデータの集合。統計分析の対象となる。

詳しくはこちら

37. ヒストグラム

データの分布を棒グラフで表現したもの。データの頻度や分布の形状を視覚化する。

詳しくはこちら

38. 正規分布

多くの自然現象に見られるデータ分布の一つ。平均を中心に左右対称の曲線を描く。

詳しくはこちら

39. 相関係数

2つの変数の関係の強さと方向を示す指標。-1から1の間の値を取る。

40. 偏相関係数

ある変数の影響を除去した上での2変数の相関係数。

詳しくはこちら

41. 外れ値

データセット内で他の観測値と著しく異なる値。異常値とも呼ばれ、データ分析に影響を与える。

詳しくはこちら

42. サンプリング

母集団から標本を抽出するプロセス。ランダムサンプリングや系統サンプリングなどがある。

詳しくはこちら

43. バイアス

推定値が真の値から偏っていることを指します。データ収集や分析方法に起因する系統的な誤差。

詳しくはこちら

44. A/Bテスト

2つの異なるバージョンの比較実験で、マーケティングによく利用される。どちらが優れているかを統計的に検証する。

詳しくはこちら

45. ABC分析

対象のアイテムを、ある評価軸に対する重要度の違いによってA~Cランクに分類していく手法。

詳しくはこちら

まとめ

本記事では、ビジネスでも頻繁に使われるAI関連の用語をディープラーニング系、機械学習系、統計学系の3つのカテゴリに分けて紹介しました!

これらの用語を理解しておくことで、自分の中の引き出しが増え、ビジネスの現場での活用がよりスムーズになるでしょう!

特にAI技術を取り入れたプロジェクトを進める際には、これらの用語を正しく理解し、適切に使うことが成功の鍵となります。

ぜひ、この記事を参考にAIに関する知識を深め、ビジネスでの活用を進めてください。

さらに詳しくAIやデータサイエンスの勉強がしたい!という方は当サイト「スタビジ」が提供するスタビジアカデミーというサービスで体系的に学ぶことが可能ですので是非参考にしてみてください!

AIデータサイエンス特化スクール「スタアカ」

スタアカトップ
【価格】ライトプラン:1280円/月
プレミアムプラン:149,800円
【オススメ度】
【サポート体制】
【受講形式】オンライン形式
【学習範囲】データサイエンスを網羅的に学ぶ
実践的なビジネスフレームワークを学ぶ
SQLとPythonを組み合わせて実データを使った様々なワークを行う
マーケティングの実行プラン策定
マーケティングとデータ分析の掛け合わせで集客マネタイズ

データサイエンティストとしての自分の経験をふまえてエッセンスを詰め込んだのがこちらのスタビジアカデミー、略して「スタアカ」!!

当メディアが運営するスクールです。

24時間以内の質問対応と現役データサイエンティストによる複数回のメンタリングを実施します!

カリキュラム自体は、他のスクールと比較して圧倒的に良い自信があるのでぜひ受講してみてください!

他のスクールのカリキュラムはPythonでの機械学習実装だけに焦点が当たっているものが多く、実務に即した内容になっていないものが多いです。

そんな課題感に対して、実務で使うことの多いSQLや機械学習のビジネス導入プロセスの理解なども合わせて学べるボリューム満点のコースになっています!

Pythonが初めての人でも学べるようなカリキュラムしておりますので是非チェックしてみてください!

ウォルマートのデータを使って商品の予測分析をしたり、実務で使うことの多いGoogleプロダクトのBigQueryを使って投球分析をしたり、データサイエンティストに必要なビジネス・マーケティングの基礎を学んでマーケティングプランを作ってもらったり・Webサイト構築してデータ基盤構築してWebマーケ×データ分析実践してもらったりする盛りだくさんの内容になってます!

・BigQuery上でSQL、Google Colab上でPythonを使い野球の投球分析
・世界最大手小売企業のウォルマートの実データを用いた需要予測
・ビジネス・マーケティングの基礎を学んで実際の企業を題材にしたマーケティングプランの策定
・Webサイト構築してデータ基盤構築してWebマーケ×データ分析実践して稼ぐ

スタビジアカデミーでデータサイエンスをさらに深く学ぼう!

スタアカサービスバナースタビジのコンテンツをさらに深堀りしたコンテンツが動画と一緒に学べるスクールです。

プレミアムプランでは私がマンツーマンで伴走させていただきます!ご受講お待ちしております!

スタビジアカデミーはこちら